ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

イギリス製 エインズレイ Aynsley

イギリス製 陶磁器 エインズレイ AYNSLEY のトップページ

イギリス製 陶磁器 エインズレイ AYNSLEY のトップページ


エインズレイ人気ランキング Best3


英国製 エインズレイ(AYNSLEY)
オーチャードゴールドのカップ&ソーサー

英国製 エインズレイ(AYNSLEY)
オーチャードゴールドのカップ&ソーサー

廃盤品 英国製 エインズレイ(AYNSLEY)
ホワイトエナメルローズのカップ&ソーサー

英国製 エインズレイ(AYNSLEY)
ホワイトエナメルローズのカップ&ソーサー

廃盤品 英国製 エインズレイ(AYNSLEY)ピンク&ホワイト エナメルの薔薇 カップ&ソーサー

英国製 エインズレイ(AYNSLEY)
ピンク&ホワイト エナメルの薔薇 カップ&ソーサー

英国製 エインズレイ 果樹園 オーチャードゴールド 1930年代製

54,000円(税込/送料無料)

廃盤品 英国製 エインズレイ 
カップ&ソーサー(ターコイズ&ホワイトローズ)

54,000円円(税込/送料無料)

廃盤品 英国製 エインズレイ(AYNSLEY)
ピンク&ホワイト エナメルの薔薇 カップ&ソーサー

60000円(税込/送料無料)

194商品
194商品中 1 - 100表示

弊社が取り扱うイギリス製 陶磁器 エインズレイ AYNSLEYについて

こちらではイギリスを代表する高級陶磁器ブランドAynsley(エインズレイ)を販売しております。
午後のティータイム、ちょっとした休憩の紅茶タイムにあなたに癒しを与えてくれるのは
英国製のエインズレイではないでしょうか。

これまでにも英国ヴィクトリア女王、エリザベス二世女王など
イギリス王室(ロイヤルファミリー)等の多くの貴族に愛用されてきた最高級ブランドの食器なのです。
現在では生産製の効率化の為、中国の工場でベーシックラインは製造されていますが
私のショップで扱う商品は全てがイギリス製のアンティークエインズレイの商品になります。

なので今のエインズレイのように絵付けも簡素化されたものではなく
職人の手作業によって描かれた絵付けですので花の複雑な色合い、
バタフライ(蝶々)の躍動感をしっかりと感じることが出来る作品です。

その他にもティーカップ、ティーポット、プレート、陶花、英国御用達の紅茶まで、
イギリスの貴族の文化を体感して頂けるよう豊かな品揃えでお待ちしております。

エインズレイ(Aynsley)の歴史

創業1775年、エインズレイは現在に至るまで240年以上の長い歴史を誇る 老舗陶磁器メーカーブランドです。
初代、ジョン・エインズレイにより、現在のロンドン(当時、ストークオントレントのレイエンエンド)にて設立さました。
設立した当初は、本当に小さな窯元だったそうです。
その、小さな窯元が今や240年以上続く老舗有名ブランドに成長したわけですね。

では、エインズレイの歴史を紐解いていきましょう。

初代のジョン・エインズレイは元々イギリス(英国)のスタッフォージャーという町で炭坑業を営んでいました。
その後、イギリス(英国)の北部に位置するスタッフォージャーの入り口地域にある ストークオントレントに窯を作りました。
彼が、陶磁器の作成をいつごろから始めたのかは じつは謎で未だベールに包まれています。

ですが、1810年にAynsley and Companyの陶磁器メーカーが存在していた 記録が残っています。
当時、彼の窯元では、専門化した金属のような光沢のある陶磁器「ラスターウェア」の製造は最先端を進んでいました。
地区全域で「ラスターウェア」は作られるほど発展していきました。

1892年、彼の訃報を伝える記事では、「1804年からこの地域ではラスターウェアの名声をほしいままにしていた。」と報じられた程です。
ラスターウェア製造の一人者として名高かったことが窺がえますね。
その後は、息子であるジェームズが会社を受け継ぎましたが、事業はあまり発展しなかったようです。

1841年、ジェームズの死後は、5人の子息の長男である、ジョン・エインズレイ2世が窯元を継ぐことになります。
その後、様々大小さまざまな窯元が後に続き、二転三転します。
というのは、ストークオントレントは 世界的有名な陶磁器メーカー、
ウェッジウッド・ミントン・ロイヤルウースターなど 名高いイングランドブランドが誕生した、陶器の里なのです。

各ブランドメーカーも自社の強みを持っていますよね。
その当時、ジョン・エインズレイ2世は3つの窯元を掛け持ちしていました。
1861年にポートランドワークスで「John Aynsley and Company」を設立します。
会社の設計は、彼自ら手掛け、 その建物は、ジョージ王朝時代の建築様式で
従業員たちのことも考慮して 広い作業空間に大きな窓からは明るい陽射しが差し込む、働きやすい職場となりました。
1880年に息子のジョン・ジェラート・エインズレイに家業を継がせ 「John Aynsley and son」の社長に。
ジョン・エインズレイ2世は引退後、1886年から1890年の間 「ロンドン市長」を務めます。
多くの市民からも信頼されていたのでしょう。
1888年に完成した初の公共公園(クイーンズパーク)には、 彼を讃えた「エインズレイ記念碑」があります。
彼が表舞台で活躍したのをきっかけに息子が経営する会社も成長していきました。
当初の製品のデザインはプリントとペイント技術が融合されたものでしたが
独自の透光製品質の高いファイン・ボーンチャイナ(18世紀にイギリス(英国)で開発された
陶土に牛骨灰を混ぜる製法)で手掛けたテーブルウェアやティーウェアに手作業で絵付けし、
金箔やプラチナを施した高級デザインの陶器を製造するようになりました。

この、伝統的製法は今も健在しています。
1896年にはヴィクトリア女王の即位60周年祝典の記念品を 制作できるまでに大きく成長しました。

作品は、1896年9月3日の日付や王旗・イギリス(英国)・国防軍を象徴するマークが 描かれた陶磁器などです。
記念品を制作するなんて、名誉なことですよね。

その後、1900年代中期 1931年にはメアリー女王からの注文を受けて、皇室御用達になります。
その作品にはチューリップ型を取り入れ、上品なフォームとなっているのが特徴です。

1947年には、エリザベス女王の婚礼に、イギリス(英国)の窯元連盟が献上する陶磁器の一つに
エインズレイの「ウィンザー」をエリザベス女王が選びました。
これもまた、名誉なことですね。 エインズレイの誇りでしょう。

この、ローレルの葉で縁取られた金のエッチングデザインは
「エリザベス」の 愛称で今でも人気のあるデザインです。

そうです、お気づきになりましたか?
あのエリザベスです。
一度は見たことが、ある模様ではないでしょうか。
こうして、エインズレイの評判は揺るぎないものになります。 イギリス(英国)王室とともにあってこそとなります。
1990年に同会社も納得したうえでの買収により 「John Aynsley and son」は「Aynsley China LTD.」 に社名変更。
1974年には「Lawrence」が「Aynsley China」に加わり ポートランドのアートスタジオの設立にかかわります。
1997年アイルランドの「Belleek」が「Aynsley China LTD.」 を買収しました。
こうして、何度か買収・合併をしたエインズレイ(Aynsley) ですが、
揺るがぬ伝統的製法を今日まで続けて製造しています。
皇室での式典、祝いごとなどのコレクションも制作しています。

エインズレイ(Aynsley)のマークの移り変わり

高品質のクリームウェアによく見られるマークは1780〜1809年ごろの製品の裏側にプリントされたマークです。
「john」もしくは「J」のマークがありますが、現在はあまり見ることがありません。
とても、レアな商品です。
エインズレイは、ベースのマークを見ると、工場で記録された日付と品質がわかります。

ここで、1850年当時ジョン・エインズレイ2世は3つの窯を掛け持ちしていたことがポイントです。
1861年にポートランドワークスで「John Aynsley and Company」を設立するまでの間

チャーチルストリートの「リチャード・ハドソン」
マーケットプレースの「サンプソン・ブリッジウッド&ハドソン」
フェイトンの「ジョン・ハーリー」
一日15時間働きしています。
忙しそうですね・・・。
この忙しさは4.5年続きます。
その後、1854年から3年かけて、
「トーマス・クーパー」・「サムエル・クーペ」と新たにパートナーを組み
マーケットプレースの「サムエル・ブリッジウッド」とパートナーを組み

「John Aynsley and Company」を設立するにいたります。

1856年の初期までは、その忙しさのせいか製品にマークはついていないです。
1856年「円形マーク」
・星形のマークはジョン・エインズレイ2世の初期の作品でレアものです。
この年代は、マーケットストリートの窯で作られたものです。 1875年 「打出しのマーク」
・AYNSLEY(S)が大文字で字が立体的で影がついています。
1885年から1890年「AYNSLEYの吹き出しリボン」
この、吹き出しリボンは3つのマークに分けられます。
・扇型の吹き出しリボン
・長方形の吹き出しリボン
・扇型の吹き出しの下に「PORTLAND」の地名入り
このマークは、1876年に
「アンカー・ワークス」・「セイントジョージ・ワークス」・「セイント・ルイス・ワークス」
のいずれかの工房で作られたものです。

1891年から1905年「AYNSLEYの吹き出しリボンにENGLANDOの文字」
この時期のマークは4つに分けられます。
・扇型のAYNSLEYの吹き出しリボンの下にENGLANDOの文字
・長方形のAYNSLEYの吹き出しの下にENGLANDOの文字
・扇型のAYNSLEYの吹き出しリボンが上でENGLANDOの文字が下で王冠を挟んだマーク
・吹き出しで囲まれてない、上にAYNSLEYの文字下に登記番号で王冠をとり囲むマーク

1869年からのマーク
マークで他に
・王冠から楕円の吹き出しの中にAYNSLEY&CO.LTDにENGLANDと書かれたマーク
王冠の右に年代が書かれています。

1905年から1925年
この時期のマークは3つに分けられます
・吹き出しが使われてない、上にAYNSLEYの文字・下にENGLANDの文字中央に王冠
・吹き出しが使われてない、上にAYNSLEYの文字・下にENGLANDが円を描くように
書かれた文字の中央に王冠。その下にMADE INの文字が追加されたもの。

・J. AYNSLEY&SONSの文字のみ
1925年から1926年
王冠が少し小さくなります。1891年とよく似ているので注意しましょう。

1926年から1934年
このころ、1928年にエインズレイの名前が商品登録されました。
・AYNSLEYの文字が入った吹き出しリボンの上に王冠があり左にBONE右にCHINA
下にはENGLANDの文字。
・AYNSLEYの文字が入った吹き出しリボンの下にENGLANDそのまた下にBONECHINAの文字が書かれたマーク

1939年
このころから、王冠の左にEST右に1755の文字が入ります。
・EST.1775の文字と下にBONECHINAの大文字
・EST1775の文字と下にBONECHINAの筆記体

1969年
1959年ケニス・エインズレイが引退し彼の養子のJ.Michael Gillowが会社継ぎました。
・ENGLANDとBONECHINAの間に「FINE ENGLISH」の文字が入りました。

1972年
・PRESIDENTの文字とFineBoneChinaの文字が書かれ、MADE IN ENGLANDの文字になりました。

エインズレイ(AYNSLEY)の中でも大人気のオーチャードゴールドの紹介

オーチャードゴールドはエインズレイの商品の中でも人気の高いデザインで知られています。
18世紀に1世紀以上にわたり、エインズレイを代表するデザインだった
「スティル・ライフ・フルーツ」これをヒントに、1980年にステファン・バーズレがオーチャードゴールドを開発・完成させました。 背景に22金を施したキャンパスに描かれる様々なフルーツは実をつけているものが多く
これは、実りのある収穫を表現したようにみえます。
とても縁起がよさそうな、瑞々しいフルーツが細部まで精巧に描かれているのは
エインズレイならではの作品ですね。
熟した果実の香りが今にも漂ってきそうですね。

現在も、イギリス(英国)王室をはじめ貴族に親しみ愛されて続けています。
ティーカップ&ソーサー(食器)では
秋に収穫される果実がふんだんに描かれている作品が数多く、ソーサー・カップの縁、
底と持ち手は金彩が施され上品さが漂う品々ばかりです。

これらは、オーチャードゴールドの典型的なデザインです。
カップの内側の金彩が一際目を惹く、ティーカップ&ソーサーは
ソーサーに描かれた果実と黄金色に輝いて見えます。
描かれた果実の様々な色と金彩色のバランスがよく、豪華さを引き立てています。
また、寛大なイメージのオーチャードゴールドですが、オーチャードのデザイン小さめで
カップの底に描かれているところがまた可愛らしい作品もあります。

エインズレイ・オーチャードゴールドの蓋つきビンなどは
オーチャードゴールドの果実によくあうフォームで全体が果実のようです。
内側に描かれたデザインは、芸術性が浮き彫りになります。
テーブルの上に置いておくだけで、さまになりますね。
もちろん、高品質のボーンチャイナを用いた品質の良い陶器ばかりです。
シュガーポットにも使えますね。

ドイツ製のオーチャードゴールドの鍋やプレートなども販売されています。
これらの商品はみな人気のある食器です。

・エインズレイ(AYNSLEY)のオーチャードゴールドで頂くティータイム

オーチャードゴールドのティーカップ&ソーサー、などのティーウェアを用いて、
ティータイムをもっと優雅に満喫したいと思いませんか。
そんな方は是非、参考にしてみてください。

高級なティーカップ&ソーサーに注がれる紅茶にはこだわりを・・・。
ご存知の方多いかもしれませんが、紅茶はおおよそ生産された産地の名前がつけられます。
ダージリン紅茶は春・夏・秋との季節紅茶が摘まれ、その摘まれた時期により、香りや深みが違うのです。
また、茶葉の等級もあります。
是非、オーチャードゴールドの食器にふさわしい、最高級の等級「F.T.G.F.O.P」
(フィナ・ティピ・ゴールデン・フラワリー・オレンジ・ペコ・・・特に品質の良い
ゴールデン・ティップスを多く含んだもの。)
を選びたいですね。

紅茶の種類
・ダージリンは非常に繊細で香り高い紅茶・・・ストレート向き
・アッサムは濃い味わいで甘みがある  ・・・ミルクティー向き
・フレーバーティー 香料で香りつけされた紅茶
・セイロン・スリランカ 産地名でウバ・ディンブラ・キャンディなどの地方で作られ、レモンティー向き
などがあります。
ティータイムのお菓子やケーキに合わせて、こだわりをもって紅茶を選ぶといいですね。

廃版になってしまったホワイトローズ
創業1775年の老舗陶器メーカー・エインズレイは歴史とともに、皇室に寄り添っていました。
王室御用達品で有名な「エリザベス」をはじめ王族の式典や祝辞の記念には
エインズレイの製品が献上されています。

ホワイトローズはあの有名な元ダイアナ妃の結婚の際にエインズレイがデザインを手がけた作品です。
バラがホワイトで掘られた美しいデザインで、皇室をイメージした気品のある品です。
ベースカラーは豊富にあり、どのカラーもデザインパターンは同じですが違った印象をうける品です。
それは、やはりどの品にもエインズレイのこだわりの金彩が細部にまで施されているからでしょうね。

それぞれの作品の紹介
・「エデン」大人気シリーズの一つです。旧約聖書に出てくる楽園をイメージした作品です。
 18世紀に当時のエインズレイを代表するペインターのジャック・ショーがデザインしたもので、
最近になり新シリーズになりました。
 人気があり品薄状態が続いているようです。

・「クロッカスシェイプ」
1930年ごろに作られた品で独特な形をしています。
 カップ・ソーサーの縁は波打つ形をしています。
 政治家用に作られた製品のため生産数が少なく現在は品薄であまり出回っていません。

・「アーカイブブルー」
このシリーズはエインズレイが創業から長きにわたり大事にしてきたデザインです。
 中国が舞台の伝説の話ウィローがモチーフになっています。
・「シェイクスピア生誕450周年記念マグカップ」
 みなさんご存知、イギリス(英国)を代表する作家、シェイクスピアの生誕450周年を記念して作られた
 4種類のマグカップ。
 日本でも、2016年5月27日まで限定発売されていました。

・「エリザベスローズピンク」
エリザベス女王はバラが大好きで、イギリス(英国)の国花にもなっています。
 もともとはジョージ3世の注文で献上した品で、商品化されていませんでしたが、2003年に
 デザインを復興させ販売されるようになりました。

・「スミレのカップ」
スミレを愛したエインズレイのデザイナーが多く何種類もデザインが残されています。
 その中から、最近復刻されたシリーズもあります。

・「ペンブロック・デミタス」
首都ペンブロックシャーの地名をとった作品。
 ここのペンブロック城でヘンリー7世が誕生したことで有名な地です。
 1970年代に復刻されたエインズレイの代表作の一つです。
 伊万里焼の彩色の影響を受けた作品ともいえます。

・「ローズ」
金色ではなく緑色に縁どりされたローズのデザインは国内でも珍しいレアな作品です。
 別名:キャベジ・ローズとも言われています。

・「ガーデンゲート」
庭をテーマにしたデザインですが、イングリッシュガーデンとは違いますので
 ご注意をしてください。こちらは、名の通りガーデンゲートが描かれているのが特徴です。

そのほかにも、エインズレイのオーチャードゴールドのようにフルーツを花に差し替えた、
「花とバタフライ」、三つ葉のクローバーをモチーフにした「シャムロック」やシャムロックのプレートなど、
まだまだ紹介しきれない食器がエインズレイの歴史の長さと比例してたくさんあります。

イギリス(英国)製高級ブランド エインズレイ(AYNSLEY)の素晴らしきカップ&ソーサーのご紹介

 

それではここからはそんな伝統と歴史のある高級陶磁器ブランドエインズレイの素晴らしい

食器をピックアップ(Pickup)していきますね。

 

エインズレイの作品は基本的にはフルーツやバラ(ローズ)が描かれた作品が多く

女性の方はもちろんの事、男性の方でも色々なシチュエーションで使って頂ける

アイテムになっています!!!

 

 

と言うわけで、これからそんな素敵なエインズレイ(AYNSLEY)の作品を

ピックアップしていきますのでご覧ください。

 

 

 

イギリス(英国)製 エインズレイ(AYNSLEY)エリザベスローズピンクのカップ&ソーサー

 

s-l1600 (13) s-l1600 (14) s-l1600 (15) s-l1600 (16)   

カップとソーサーの側面にエリザベスローズピンク(バラ)がふんだんにあしらわれた

すごく可愛い商品です。

カップ&ソーサー、持ち手共に淵には金彩が施してあり非常に高級感のある作品になっています。

イギリス(英国)製 エインズレイ(AYNSLEY)チェリーブロッサムのカップ&ソーサー

s-l1600 (17) s-l1600 (18) s-l1600 (19) s-l1600 (20)

こちらの商品はエインズレイのチェリーブロッサムの食器になります。

カッップ&ソーサー共に桜の花と(チェリー)さくらんぼが描かれている実にジャポニズムを

感じさせてくれる可愛らしい作品ですね。

 

さくらもチェリーも春を彷彿とさせてくれる花と果物なので春にこういったカップ&ソーサーを

使ったら一層素敵なティータイムを過ごす事が出来そうです。

イギリス(英国)製 エインズレイ(AYNSLEY)イングリッシュバイオレットの食器

s-l1600 (1) s-l1600 (2) s-l1600 (3) エインズレイ バイオレット

 

 

こちらの商品はエインズレイ イングリッシュバイオレットの食器になります。


色彩豊かな紫自然主義の紫を基調にした上品なカップ&ソーサーです。

英国スタイルの紅茶を楽しむためのフォルムで縁取られた金彩が余計に高級感を引き立てててくれていますね。


イギリス王室にも認めらロイヤルの称号を授けられた王室御用達の老舗の工房の作品。

18世紀後半のデザインを復刻させたシリーズです。

バイオレットとはニオイスミレの事です。

 

スミレ科の品種は850種もあってその中の一種なんですよ。

 

こちらのデザインはイングリッシュバイオレットしか描かれていませんが

このほかにもカップの内側にイングリッシュバイオレットの匂いに誘われてやってきた

蝶が描かれた作品もあるんですよ!

 

匂いスミレとは!?

日本では、11〜2月に栽培された蕾または花付きの鉢物が売り出される事が多いです。

イギリスなどの本場では複数の品種の種が売られており、種から栽培するなら

楽天やアマゾン等の通販などで買うと良いですよ。

 

八重咲き品種と言う名前で別種のパルマスミレと言う芳香を持つスミレが販売されることもあるのですが、

この品種の場合種子が出来ないので芽挿し等で増やさざるを得ないですね。

 

鉢やプランターに定植し、冬に強い霜に当てないようにすれば、春に開花させることができます。

 

もちろん、鉢やプランターはこのカップ&ソーサーを使って頂けましたら

統一感が出てインテリアとしても素敵なアイテムに早変わりです


今回、紹介させていただいいたエインズレイのお話はいかがだったでしょうか?
エインズレイは現在も手作業で金彩を施す作業を行い、伝統的手法絶やすことなく続く
世界的に名高い陶磁器メーカーです。
この、記事を通してエインズレイを知っていただけたら幸いです。
もし、興味を持っている方がいらっしゃいましたら、
是非このお話をその方のために紹介してあげてくださいね。