ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • フランスのガラス工芸家 ドーム兄弟・ナンシー(Daum Nancy)の歴史と技法

フランスのガラス工芸家 ドーム兄弟・ナンシー(Daum Nancy)の歴史と技法

 

ドームガラスの成功は、

優れた経営と起業家精神の賜物です。

 

会社の臨時創設者は

ジャン・ドーム(1825-1885)でした。

 

彼はセントキャサリンガラスとして

知られていた時に、

同社の財務担当者でした。

 

この会社は

すぐに苦しい時期を過ごすことになり、

また、事業を失敗する前に

会社を支配していたのも

ジャン・ドームでした。

 

ドームは芸術家ではありませんでした。

 

彼は公証人で工業者だったのです。

 

だからこそ

この新しいベンチャーはある種の試練でした。

 

ドームが製造した

最初のガラスは

集めることができますが、

アートガラスではありません。

 

彼らはディナーに使われる

金縁を持つ

ほとんど透明なガラスを作りました。

 

それは1890年代になって以来、

私たちが今日

「ドーム・ナンシー」ガラスと考えるものを

生産し始めたわけではありませんでした。

 

ドームガラスは、

ドーム・フレール(兄弟)によって

作られていたと考えられています。

 

これは会社が初めて

営業を始めたときには

曖昧になっていました。

 

ジャン・ドームと

息子のオーギュスト・ダウム(1853-1909)は、

オーギュストと

その弟アントニン・ドーム(1864-1930)が

改めて20世紀初頭に

会社を率いるための土台となりました。

 

すべてのドームガラスは手作りですが、

ドームが

家族経営であるというわけでは

ありませんでした。

 

同社の生産には

フランスのナンシーにある工場にいた

400人の労働者が携わりました。

 

実際、

ドームは後で彼ら自身の作品、

すなわちシュナイダー兄弟・ブラザーズとして

有名な素晴らしい芸術家たちを雇っていました。

 

アンリ・ベルゲ、

バーナード・グルーバー、

ユージン・ガル、

アマルリック・ウォルターは、

ドームのキーデザイナーでした。

 

ドームは

ナンシーのガラスメーカーである

エミール・ガレの追尾から抜け出すために、

1900年のパリ万博で受賞しました。

 

1904年にガレが亡くなりました。

 

それはドームが実際に

ガラス業界を引き継いだ時でもありました。

 

しかし、次の支配は約10年間しか続きませんでした。

 

1914年、

フランスで第一次世界大戦が始まり、

工場が閉鎖され病院になりました。

 

1918年に工場は再開しましたが、

状況は同じではなく、一変していました。

 

アントニン・ドームが

同社を率いていましたが、

過去20年間の職人技と革新は存在しませんでした。

 

ドーム・ナンシーの黄金時代は

1895年から1914年の間であったと考えられます。

 

この期間にドームが特許を登録し、

今日のアートを

非常にユニークで

非常に望ましいものにする工法と

装飾技術を成功裏に取り組みました。

 

ドームガラス工場は今日も開かれています。

 

そして彼らは現在

クリスタルアートを作っています。

 

ドーム・ナンシーガラスの技術

 

酸エッチング

19世紀半ばに開発された技法で

ガラスをフッ化水素酸に晒し、

温度計、ビューレット、ピペットの

マーキングに使用しました。

 

その後、

アートガラスの装飾技術として使用されました。

 

最初のステップは

紙に模様を描き、

それをガラス表面に彫っていくことにより、

その表面にデザインを移すことです。

 

次に、

酸に晒されない部分を

耐酸性ワニスで覆い、

最後にブラシを用いて

酸を塗布するか、

酸性浴に直接浸漬させます。

 

アップリケ

 

外側にあるレリーフの装飾は

スレッド、プリーツ、ハンドルなど、

まだ暑い時期に船体へ用いられます。

 

時には、

わずか数ミリメートルの厚さの

小さなラメラが、

プロセスの本質的な困難を

回避しながら、

カメオガラスの外観を得るよう

容器へ適用されていきます。

 

カメオ(Cameo)

 

古代エジプト人やローマ人が

使ったとされる石や貝の

カメオカットと同様の技術で、

19世紀に息を吹き返しました。

 

この技術ではケースガラス、

または異なる色のガラスを2つまたは3つ、

まれに4つまたは5つの

異なる層を重ね合わせた後、

酸エッチングまたは

ホイールを使用していきます。

 

この技術の難しさは

ピースが冷却されている間に

破損するのを避けるため、

または一度冷たくしてから

ガラス上で作業する際に

様々な層が

同じ膨張係数および

同じ厚さを持たなければならない

という点にあります。

 

したがって、

ガラスの各着色層の組成は決められており

各職人が秘密にして守っています。

 

エナメル加工

 

ガラス質のエナメルを

寒色で塗装し、

マッフルキルン

(エナメルと金メッキでガラスを

再焼成するために使用される低温キルン)

で色を焼成する

古代の装飾技術です。

 

インターカラリー・デコレーション

 

ドームは1898年にこの技術の特許を取得しました。

 

これは粉末着色ガラスで装飾された

基盤となる容器を、

またはエナメルで覆われたデザインを使い、

時々詰め物を入れたり、

エッチングや彫刻を施しています。

 

そこから徐々に再加熱していき、

ガラスの外側および内側の層へ

デザインを吹き込んでいきます。

 

最終的にアニーリングされると、

容器はエッチングされ、

刻まれ、または研磨され

内装の効果を最大限に引き出します。

 

容器の初期形状は

最終的な加熱段階の間に

それ自体が変化したり

歪んだりする可能性があります。

 

マーテル

 

特に設計背景として使用され、

石のホイールで

小さなガラス片を切断することによって

多面的な表面を作り出す装飾技術です。

 

パテガラス

 

青銅の取り扱いに関しては

非常に似ているテクニックです。

 

これは型吹きガラスでは得難い、

またはペンチやはさみで

簡単に引き裂かれた形状の

多くのものを明らかにすることができます。

 

所望の形状のワックスポジティブの周りに

プラスターモールドが作られています。

 

そのあとに土器の殻が

石膏の外側に作られ、

ワックス容器を溶かすために

両方を一緒に加熱していきます。

 

ガラスは粉末状に砕かれ、

フラックスおよび色粉末がなくなり、

混合物はこの型内で

数日間高温下で成形され、

徐々に再び焼成されていきます。

 

そして金型を取り除き

最終的な部分を明らかにします。

 

ガラス加工

 

このテクニックは

1900年から1914年の間に

使用されていました。

 

大理石の上に熱いガラスを

金属酸化物または

着色粉砕ガラスの粉末で巻きつけ、

再焼成して滑らかできれいな仕上がりをします。

 

粉末は融合され

表面をガラス化していきます。

 

また、この効果は

ホイールで研磨することによって

さらに高められます。

 

その際、パターンは酸エッチングされるか、

輪郭がテクスチャ加工された

表面に刻まれていたりします。

 

ホイール・カービング

 

パターンやデザインは、

砥石(通常はダイヤモンド)で覆われた

回転ホイールで彫られています。

 

ホイールカット

 

この技術は4つのステップで動いていきます。

ガラスをいくつかのマークに

分割して構成していきます。

 

砥石を使用してスケッチを行い、

続いて切断自体を行います。

 

そして、最後にピースを研磨します。