ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 日本の明治・大正・昭和の氷コップ ガラスの魅力をご紹介!

氷コップとは


「氷コップ」とは、明治、大正時代を中心に広く用いられた、かき氷などの氷菓子を入れるためのガラス容器です。
一般に氷コップと言う場合は、アンティーク品や骨とう品としての戦前の作品を意味しています。
氷コップの形状は、カップ部分とステム部分に大きく分けられるのが特徴です。
材質は主にソーダガラス石灰で、透明ガラスの他に、様々な色ガラスを組み合わせて作られています。
また、様々な技法により、多種多様の美しい文様がカップ部分に施されています。
氷コップは明治時代から製造が開始され、現代に至るまでその製法や技法は進化を続けており、その美しさや繊細さは今でもなお人々を魅了し続けてやみません。

 

氷コップの魅力とは


ヨーロッパなどの西洋の文化を取り入れながらも、日本流の華やかかつ繊細で美しい雰囲気を持つものに仕上げられており、それが何といっても氷コップの魅力と言えるでしょう。
氷コップは誕生から時代の移り変わりとともに変化を遂げており、その時々の当時の人々の生活様式に触れることが出来ます。
また、現代の大量生産とは対照的な、匠の技が光る洒落た作品が数多く作られたことも大きな特徴と言えます。

 

氷コップの代表的な技法・形状


代表的な技法としては、「かきあげ」、や「乳白ぼかし」などが挙げられます。
かきあげとは熱いガラスに白線を巻いて波状文を作る技術、乳白ぼかしとは、波に千鳥、花に蝶などの和風文様の表現手法のことです。
どちらも氷コップのうっとりするような美しさと多様さには欠かせない技法と言えます。キラキラと光る氷コップを眺めていると、かき氷をはじめ、フルーツ、アイスクリーム、氷水、みつ豆などをおいしそうに食べる当時の人々の様子が目に浮かんでくるようです。
また、その形状も独特の呼び方があります。
氷コップはカップ部分の形状によって、なつめ型、碗型、ラッパ型、ベル型などに分けられます。器のサイズは、形状が違っても大体同じです。

 

明治時代の氷コップ


明治時代も後期に入ると、氷菓子の普及によって氷コップも発達を遂げました。
製氷技術の発達で、様々な氷菓子が普及していくのに伴い、多くの種類の氷コップが製作されるようになりました。
また、この頃になると、プレス成型の技術を用いて氷コップが作られ始めました。
しかしこれらの値段の相場は、1点70銭前後で、従来の人工吹きガラスの器と比べると、当時の庶民にはまだまだ高級品であったと考えられます。
氷コップが普及するにつれて、非常に品質の高い作品も誕生しました。
中には、ベネツィアングラスと見間違うほどの、驚くほどの技術と完成度を持った作品も生まれました。
匠の技が人々の生活様式と密接に混ざり合うことで、このような骨董価値の高い作品が生まれたと言っても過言ではありません。
それに加え、氷コップを通じて、明治維新からの急激な近代化や都市化、人々の暮らしぶりの変化などの時代の様子が意匠の技の中に垣間見ることが出来ます。
美しさや完成度だけでなく、哀愁をもってその時代の雰囲気を思い起こさせるものであるからこそ、氷コップは世代を超えて愛され続けるのです。

 

大正時代の氷コップ

大正時代の初めになると、氷コップはさらに普及し、都市部を中心に氷水店などで普通に使われるようになりました。
また、この頃になると、乳白色のガラス生地を、水玉文様に色抜きしたデザインの氷コップが登場しました。
いわゆる、イギリスで発明されたオパールセントガラスによるあぶり出し技法で、東京亀戸の宮崎硝子という会社が最初に制作を始めました。
このデザインの氷コップは人気も高く、大正時代以降多く作られた作品です。
乳白色のガラス種を文様が彫られた金型に仕込んで再加熱すると、型に接しなかった部分が透明になるという特性を活かして作られたものです。
熱いガラスを急激に冷やすと透明に、徐々に冷やすと乳白色になる特徴を利用して作られた製法です。
さらに製法や温度によっては文様の抜けを逆にすることが出来るという、まさに繊細な匠のあぶり出し技術の集結と言えるでしょう。
この技術は、「模様出し」や「焙り出し」などと呼ばれていました。昔は燃料に石炭が使われていたため、ガラス工場の煙の量でガラスの質が分かる、などと言う話も伝わっているくらいです。

 

戦後〜現代の氷コップ


戦後になってもこの製法は受け継がれています。
現代に至ってもなお、同様の製法で違ったデザインの氷コップが作られ続けています。
中でも宮崎硝子の技術を受け継いで誕生した瀧波硝子からは、戦後間もなく水玉や市松模様と言った、戦前の氷コップの復刻版が発売されています。
氷コップの技術や製法は、時代を超えて伝統として受け継がれ、現代に至ってもなお人々に愛され続けているのです。

close