ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • ガラスの巨匠:ベネチアングラス(ムラノガラス)の職人フラテッリ・トーゾ
ガラスの巨匠:ベネチアングラス(ムラノガラス)の職人フラテッリ・トーゾ

ムラーノ島のガラス製造の歴史は、成功と革新の想像もつかないような物語で溢れています。
あるガラス職人の物語は他のガラス職人より最近のものかもしれません。
しかし、すべての物語は、素晴らしい発明と目もくらむ巧妙さによって特徴づけられています。
ムラーノ島で最も有名なガラス職人の家族の中に、150年以上の実績を持つ
フラテッリ・トーゾという人物がいます。彼の話は、イタリアの革新と業界で厳しい時代を
耐えた堅実な家族の絆です。その絆は、時間が経つにつれて、より強くなることが
証明されました。

 

ベネチアとその周辺の島々に損害を与えた期間、トーゾは、ナポレオンの征服後、
ムラーノ島の希望となりました。18世紀の終わり、ムラーノ島のガラス炉が閉鎖し始め、
一部の職人は島から逃げていきました。暗闇と暗闇のこの期間中、ムラーノ島の古くからの
ガラス製法と伝統は徐々に忘れ去られていきました。その中で、ガラス製造業界における
トーゾの最初のステップは、ムラーノ島と工場の回復の表れとなりました。


この物語は、ピエトロ・トーゾと彼の6人の冒険好きの息子から始まりました。
フェルディナンド、カルロ、リベラト、アンジェロ、ジョバンニ、グレゴリオは
1854年にFratelli Toso(最初はPietro Toso all'Insegna di S. Giovanniと名付けられた)の
オープニングで父親に加わり、グレゴリオは最初のマネージャーとして働きました。
功利的な目的に集中していましたが、彼らはすぐに彼らの技術が思っていたよりも
はるかに良いものだとわかりました。ムラーノ島が依然として侵略から回復していたため、
ガラスの生産は主に医薬品や家庭用のボトルやフラスコなど機能的なものを対象としていました。
しかし、ヴィンチェンツォザネッティの助けと長時間にわたる仕事と練習のもと、
ピエトロの息子たちは、その技術を伸ばし、手作りのガラスの技術を完成させました。
オープンから10年後の1864年、フラテッリ・トーゾはムラーノ・ガラス博物館開館のために
特別に製作された壮大なガラスシャンデリアを発表しました。すぐに賞賛を受けた
この美しい作品は、今日でも当時と同じ場所であるムラーノ・ガラス博物館で
評価されています。

1862年、ピエトロ・トーゾは死去し、グレゴリオに会社の舵取りを任せました。
この間、社名を何度か変え、最終的にはVetreria Fratelli Tosoになりました。
グレゴリオが1897年に亡くなり、兄弟の一番下の一人、フェルディナンド・トーゾに
会社を任せました。数年後の1902年、フェルディナンドの死によって息子のロレンソが
工場を引き継ぎました。ロレンソは、ヴィットリオ、アルノルド、ジュゼッペ・ジャンマリア、
ジュゼッペ・スタニスラウスとともに、Antica Vetreria Fratelli Tosoのもとで働き始めました。
1917年、第1次世界大戦による危険と不安定さのため、工場はリヴォルノに移転しました。
工場が1924年にムラーノ島に移転した後、同社は予想外の低い生産性の期間を経験しました。
しかし、3代目のガラス職人がFratelli Tosoを軌道に乗せます。
ピエトロの孫、アムレート、アルマンド、アルマンの、ミケーレ、アルフィオ、アルドが
同社の幹部となり、会社を20世紀へ導いていきます。同社は、急速に多くのアメリカの
クライアントの間で認められるようになり、すぐにポリオ・プレルダ(Pollio Perelda)、
ハンス・ストルテンベルグ・ラルケ(Hans Stoltberg Lerche)と
ロザンナ・トーゾ(Rosanna Toso)などの重要なデザイナーを雇うようになりました。

トーゾ家はフェッロ、バロヴィエル、ズツフィの家族を含むムラーノ島の最も有名なガラス職人と
一緒に仕事をしました。ムラーノ島のガラス作りの歴史において重要な人物であった
ヴィットリオ・ズツフィと結婚したのは、ロレンソの姉妹ジュゼッパでした。
フェルディナンドの姉妹エミリアはフランチェスコ・フェッロと結婚し、
1901年にFerro Tosoという別の事業を創設しました。1938年にはエルコレ・バロヴィエルが
加わり、現在でも知られるBarover&Tosoに変身しました。



 
フラテッリ・トーゾがムラーノ島のガラス製造の歴史において、最も貢献したのは、
美しいムッリーネ(murrine)(またはミルフィオリ (millefiori))です。
この技術が古くからあるように、多くの人々は実際にそれに非常に精通しており、
ベネチアのガラス店で買い物をしているときにはそれをすぐに見分けることが出来ます。
ミルフィオリは、融合した色彩に富んだガラスの杖から作られるミルフィオリ杖の制作から
始めることで、内部に形とパターンを形成します。融合された杖が冷めたら、
それらを小さな断片にスライスして、 "ムッリーネ"として知られる小さな円形の
平らなビーズを作ります。これらのムッリーネは、組み立てられ、ブローチ、イヤリング、
時計、フレーム、花瓶などの無数の作品に統合されます。これら全ては異なる融合技術で
処理されています。トーゾは、19世紀にムッリーネ・ミルフィオリの生産に非常に
熟練していたので、「ムッリナーリ」と呼ばれていました。
ミルフィオリのコレクションは非常に豊富です。その中にはカラフルなミルプンティ
(Millepunti)(文字通り「千の点」)、レデントーレ(Redentore)(花火を模したもの)、
ファルファッラ(Farfalla)(芸術的なブラシストロークに似た蝶)、
カテドラーレ(Cattedrale)(古代大聖堂のステンドグラスの窓を模したもの)など
があります。

1979年に、会社は過酷な経済危機に陥り、Antica Vetreria Fratelli Tosoと
Fratelli Toso Internationalを分断することを強いられました。
1981年、Fratelli Toso Internationalは破産申立を行い、会社を閉鎖しました。
1956年に入社したアルノルドトーゾ(フェルディナンドの曾孫)は、
Antica Vetreria Fratelli Tosoを引き継ぎ、現在まで続いています。

フラテッリ・トーゾの保管したムラーノ島の輝かしい過去の重要な部分は、
世界で最も長く豊かな年代史の一つです。 ムラーノ島のガラス業界のリニューアルから
今日の最も絶妙で魅力的な作品に至る150年以上の革新と専門知識を網羅しています。
同社の保管書には、3万点以上の図面やスケッチ、中には19世紀からのものが含まれ、
ガラス製造業界におけるトーゾ家の勇気あるステップを文書化してあります。
家族の最終目標は、トーゾ家のそれまでの経緯とムラーノ島のガラス製造の発展における
貴重な貢献を研究する論文を作り出すことです。それは、このイタリアのムラーノ島
ガラスの巨匠の究極の回顧録となり、ついに世界と共有する準備ができました。