ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 価値あるアンティークと風情あるヴィンテージのインテリアの違い
新しいものが次々と生み出される便利な世の中。新しいものは、見た目もスマートで最先端のものを持つのは誰でも嬉しいものです。
そんな中で、アンティークやヴィンテージと言われる一般的に古いと言われるものに魅力を感じる人が多いのも事実です。
聞きなれた「アンティーク」や「ヴィンテージ」という言葉ですが、その違いというのは曖昧な人が多いのではないでしょうか。なんとなく古いめかしいものというイメージはあるものの、その違いはよくわかりません。
「アンティーク風」「ヴィンテージ風」と書かれているとなんとなくかっこいいというイメージでしょうか。


※アンティークテーブル
アンティークテーブル


アンティーク(anique)とは?


アンティークとは、フランス語で骨董品という意味です。家具に始まり道具、そして衣服やアクセサリー、人形や絵画、インテリアに至るまで、作られてから100年以上経過したものをアンティークと定義しています。
この100年という定義もアメリカで1934年に通商関税法で定められたのが始まりです。その後、世界貿易機関(WTO)がこの通称関税法を採用したことをうけたものです。
しかし、100年以上経過していなくても骨董品とよばれる価値のある古い美術品や古い道具もアンティークとよばれていて曖昧なところがあります。


※ヴィンテージワイン
ヴィンテージワイン


ヴィンテージ(vintage)とは?


では、ヴィンテージはどうでしょうか?こちらもフランス語が語源となっていますが、ワインを製造する工程を表すものです。高級ワインの代名詞として使われるヴィンテージワインという言葉は誰もが聞いたことがあるのではないでしょうか。
名品や一級品として認められたもので、なおかつ10年以上前につくられたものをヴィンテージと定義しています。ヴィンテージジーンズという言葉も馴染み深いですね。
 

アンティークとヴィンテージの違いは??


アンティークとヴィンテージの違いは、作られてからの時間の経過だけのようにも思えますがアンティークとヴィンテージにはもうひとつの大きな差があります。

ヴィンテージは、ヴィンテージワインで例えると一級品ではあるものの唯一、1本だけのワインを指すわけではありません。当たり年にできたその年のワインをヴィンテージワインと称しています。
しかし、アンティークは100年近くの時を経て残る美術的価値があるものなので唯一、1点もののであったり、シリーズのものである場合が多いと言えます。

どちらも古くても価値があり人々を魅了するものに違いはありませんが、中でもアンティークものはさらに歴史も古く芸術的価値が高いので美しさも愛着もひとしおです。

※マイセン ポーセリンの箱
マイセン ポーセリンの箱

 

身近にあるアンティーク


100年もの歴史があるアンティークというと高価で手がでないというイメージがしてしまいそうですが、大きな家具や絵画だけがアンティークではありません。
例えば、有名なクリストフルのカトラリーやマイセンの陶器、ヴェネチアンガラスのペーパーウェイト、アンティークランプなど作られた年代も古く、今もなおその輝きを失わないアンティーク製品があります。


※クリストフルのスプーン
クリストフルのスプーン

スプーンをはじめとするカトラリーは1本1本が当時の職人の手作業によるもので細工が美しく、大量生産によるカトラリーとは比べ物にならない手触りと使い心地です。シルバーの輝きはいまだ衰えるどころかますます渋みのかかった輝きで、持つ人を魅了します。

カトラリーに加え、家の家具の1つをアンティークのものにするだけでも、部屋の雰囲気をがらりと変えてしまうのがアンティークの不思議な魅力のひとつです。
例えばテーブルランプをアンティークのものにするだけでその場の空気があたたかく和らいだ灯りでかわるのがわかります。
蛍光灯の人工的な灯りとは違い、ランプが作られた当時の上流階級の人々の集う場が再現されるかのような魅惑的な灯りはアンティークでなれけば醸し出すことができません。

※アンティークテーブルランプ
アンティークテーブルランプ

ヴィンテージにはない、奥深い歴史に裏付けられたアンティークの魅力は手にいれた人にしか味わえない満足感を見た目だけではなく、気持ちまで満たしてくれます。
風情が感じられるようになってきた名品のヴィンテージのその更に上を堪能させてくれる価値あるアンティーク製品は、一生に一度は自分の目でみて手に入れおきたいものです。心から大切に扱い、次の世代へと譲りたいと思えるもの、それがアンティークの魅力です。



アンティーク、ヴィンテージで彩るインテリア


部屋の雰囲気というのは、置いてある家具の1つ1つで大きくかわります。メインの家具に的を絞ってみるのもいいですし、少し小型の家具を置いてもどちらにしてもアンティークのものを取り入れると、場の空気が温かくやわらかなものに変わるのがわかります。


※1880年代アンティークベッド
1880年代アンティークベッド

アンティークのベッドの存在感は部屋の中をタイムスリップさせたかのように、味のある雰囲気を自然と醸し出してくれます。
木目の床にも違和感がなく木のぬくもりが伝わってくるベッドです。ぐっすりと眠るための自分へのご褒美のような贅沢を毎晩味わえそうです。



※アンティークデスクのある部屋
アンティークデスクのある部屋
使い込まれたデスクは、細かな傷までもが歴史を語っているようでどこか懐かしさすら感じさせてくれます。
落ち着いた雰囲気は、長い年月を使用してきても変わらない確かな造りあってこそです。シンプルな中にも重厚な印象を与えてくれます。



※アンティークデスク
アンティークデスク

パソコンなど現代のアイテムを置いても違和感のないアンティークデスクは、どんな部屋においても存在感があります。人の目につく場所に置いても見劣りしません。
ちょっとした仕事を片付けるのにもこんな素敵なデスクなら落ち着いて集中できそうです。


※アンティークランプのある部屋
アンティークランプのある部屋
カントリー調が好きな人にはたまらないテイストの部屋にもアンティークランプが自然に溶け込みます。アンティークは趣のある空間を演出するのにぴったりです。


※白を基調としたアンティークのある部屋
白を基調としたアンティークのある部屋
先ほどのカントリー調の部屋とは真逆の白を基調とした清潔感溢れるアンティーク家具が統一された雰囲気を上品に演出している部屋です。
白い家具が光を受け、高級感もだしています。

※アンティークインテリア
アンティークインテリア
オーソドックスなアンティークスタイルは、まさに見せることにこだわった家具です。ゲストを心からもてなす家主の気遣いがひと目でわかるデザインです。
また富の象徴としても豪華なアンティークは欠かすことができないアイテムです。


※アンティークな部屋の一画
アンティークな部屋の一画
海外の人々は、家のいたるところに家族のポートレイトを飾ります。何気なく飾られた家族のこれまでの歴史が、アンティークの価値をより一層高めてくれます。


※アンティークチェアのある部屋
アンティークチェアのある部屋
映画のワンシーンをクローズアップしたかのような部屋の一画は、そこだけが時間の流れがゆったりとしているかのような錯覚を感じさせてくれます。
夜のくつろぎのひと時をこんな部屋で過ごせたら最高です。


※アンティーク調のリビング
アンティーク調のリビング
王室のような特別感が重厚なアンティーク家具によって表現されています。アンティーク家具は豪華な空間を自然に演出してくれます。


※アンティークゲストルーム
アンティークゲストルーム

ゲストを招き入れる明るく豪華なスペースがアンティーク家具によって上品で清楚なイメージを与えてくれています。
招かれた人の心が一瞬で明るくなる空間です。



※アンティークなパウダールーム
アンティークなパウダールーム

小物のひとつがアンティークであるだけでもその場がおしゃれで洗礼された空間へと変化します。大きな家具だけではなくインテリアの一部をアンティークのものにするのも素敵です。



※アンティークペンダントライト
アンティークペンダントライト

ライトは家の中を照らす重要なポイントです。シェードをアンティークのものにかえるだけで窓辺や部屋の雰囲気が一変します。アンティークの家具をそろえたくてもなかなか手がでなかった人でもこれならうまくコーディネートできそうです。


※アンティーク小物のある部屋
アンティーク小物のある部屋
アンティーク好きな人は小物をコレクションする人も多くいますが、部屋のドアをアンティークのものに取り替えればコレクションが一層、引き立ちます。


※アンティークランプのある部屋
アンティークランプのある部屋
壁に飾られた家族のポートレイトをあたたかく照らすアンティークのスタンドランプ。照明をうまく使うことができれば、大切な空間がさらに特別なもになります。


※アンティークコレクションのある部屋
アンティークコレクションのある部屋
古い道具やコレクションを収納するには、やはりアンティーク家具が一番です。少し古めかしい感じがするのがまたさらにコレクションを引き立たせてくれます。


※アンティーク家具と蓄音機のある部屋
アンティーク家具と蓄音機のある部屋
部屋全体がアンティーク家具で統一されている空間は、光が差し込むとさらに哀愁が漂います。蓄音機のような小物にまでこだわるとタイムスリップしたかのような演出ができます。


※アンティーク肘掛けチェア
アンティーク肘掛けチェア
くつろぎの空間に必ずあるといっていい椅子やソファはお気に入りのものをぜひ見つけて、プライベートとビジネスを区別するためのアイテムとして活用してみたいものです。肘掛に手をのせれば疲れも癒されそうです。


※アンティークランプと棚のある部屋
 アンティークランプと棚のある部屋
アンティーク家具には、蛍光灯の光ではなくアンティークランプの光がやはりお似合いです。壁のくすみや家具のキズでさえインテリアの一部のようです。渋みのある色調もアンティークが引き立ちます。

※アンティークで統一されたリビングルーム
アンティークで統一されたリビングルーム

小物や装飾をアンティークにこだわり始めると、だんだんと部屋全体をアンティークへと揃えていきたくなります。部屋の手前から奥まで自分好みのアンティークで揃えるには、一枚の絵を仕上げていくようです。





レトロな感じが人気のヴィンテージ


※ヴィンテージテーブルのあるダイニング
ヴィンテージテーブルのあるダイニング

ビンテージテーブルを部屋のメインに置くと、部屋全体がレトロな感じがしてセンスの良さが光ります。ランプもヴィンテージでそろえるとさらに磨かれたセンスを感じさせてくれます。
アンティークのものより少し手が出しやすいにも関わらず、雰囲気があるヴィンテージの家具は男女を問わず人気です。

※ヴィンテージ本棚
ヴィンテージ本棚

背表紙が映えるヴィンテージの本棚は、持つ人の知性を後押ししてくれます。立派なヴィンテージ家具のレトロ感は誰もがかっこいいとつぶやきたくなります。


※ヴィンテージ家具のある部屋
ヴィンテージ家具のある部屋
ヴィンテージ家具は古いものとは言え、どこか近代的でスマートな印象を与えながらもレトロな感じが加わっています。近代とレトロがうまく溶け合ったセンスの光る空間を作り出しています。


※ヴィンテージインテリア
ヴィンテージインテリア
60年代、70年代のものは、原色を使ったものが多くあり色の調和が一見難しいようですが、全体がアートのようにうまくまとまっています。写真に収めたくなるような斬新さと温かさが逆に新鮮です。


※ヴィンテージルーム
ヴィンテージルーム
大胆なデザインもヴィンテージならアート感が全面に出て部屋の雰囲気をポップで明るい感じにまとめてくれます。
インパクトのある背景をシンプルな曲線を描いたソファがうまく調和してくれいます。


※幾何学模様のあるヴィンテージルーム
幾何学模様のあるヴィンテージルーム
当時では時代の最先端だったであろう大胆な色使いの幾何学模様の壁紙が、近未来を意識してデザインされていて美意識の高さに驚かされます。
日本人にはなかなかできない色使いは見習いたいものです。

※ヴィンテージキッズルーム
ヴィンテージキッズルーム
ヴィンテージで統一された子ども部屋は、女の子の憧れです。シンプルなベッドが小物を引き立たせかわいさがアップします。子どものころから自然とセンスが磨かれそうです。


※ヴィンテージ家具のあるゲストルーム
ヴィンテージ家具のあるゲストルーム
まるでどこかのお店にでも入り込んだかのような錯覚を覚えるヴィンテージルームです。大人の雰囲気が漂う空間はいつゲストが来ても恥ずかしくありません。



※ヴィンテージ家具のある部屋
ヴィンテージ家具のある部屋
カラーもデザインも違うソファに一体感を持たせてくれているのは、さりげなく置かれたクッションと壁のデザイン、そしてランプが絶妙なハーモニーを奏でているからです。
選ぶファブリックのセンスが問われます。


※ヴィンテージ家具のある部屋
ヴィンテージ家具のある部屋
天井のランプと壁に飾られている絵画がうまくコーディネートされています。カーペットにも同色が使われており部屋全体のカラーをきめています。奥にある大きなチェアがアクセントになっています。

※ヴィンテージソファ
ヴィンテージソファ
家に置くにはちょっと抵抗感を感じそうなピンクのソファですが、ヴィンテージのものであればポップな感じが全面に押し出されてレトロ感がアップします。印象的な家具もヴィンテージならしっくりなじみます。

※ヴィンテージ家具のあるリビング
ヴィンテージ家具のあるリビング
スタントランプや小さなコーヒーテーブルが高級感とレトロ感を引き立たせ目に飛び込んできます。海外の人は絵画やポートレイトを飾るのに慣れていてセンスが感じられます。


※ヴィンテージ家具のあるプライベートルーム
ヴィンテージ家具のあるプライベートルーム
プライベートルームは思い切り遊びを取り入れてヴィンテージ家具を楽しみたいものです。個性的な色使いもヴィンテージ家具ならどんな配色も違和感がありません。趣味にこだわったプライベートルームが演出できます。


※ヴィンテージ調のキッチン
ヴィンテージ調のキッチン
キッチンスペースは女性にとってもっとも滞在時間が長くこだわり抜きたいスペースです。料理で使うアイテムをヴィンテージのものでそろえれば家事の時間も楽しめます。

※ヴィンテージ調のダイニング
ヴィンテージ調のダイニング
人々が集うダイニングでもヴィンテージ家具は活躍してくれます。どこか懐かしい感じがするヴィンテージ家具は、ゆっくりと食事を楽しみ語らうのにぴったりです。


※ヴィンテージ調のダイニング
ヴィンテージ調のダイニング
ポップはダイニングチェアが食卓を明るくしてくれています。ランプの使い込まれたかのようなくすみも家族の時間を物語っているようで愛着がわきます。ヴィンテージ家具があると自然と家族が集まってくるスペースになるようです。


部屋に入って目に付くものが、こだわりぬいたものであればそのスペースはきっと最高に居心地のよい場所になるはずです。
長く使い込んでいけるのがアンティークやヴィンテージの素晴らしいところです。時間をかけて手に馴染んでいく家具を楽しめるのが醍醐味ですね。当時の人々のセンスの良さには脱帽です。