ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • ルイス・コンフォート・ティファニーのガラスとアートと工芸

ルイス・コンフォート・ティファニーのガラスとアートと工芸


“役に立たないものや、美しいとは思わないものを家に置いてはならない。“
ウィリアム・モリスが1880年に残した名言です。
モリスは、イギリスで19世紀後期に始まりアメリカにまで広がったアートアンドクラフト運動のリーダーでした。

 
グループの創設者たちは、アートを職と認めない加速する工業化や近代化社会の普遍を正すことを目的としていました。

工業化は無慈悲に、元来あったクリエイティブな職人から名もないような労働者に仕事を移し、職場環境を悪化させるものでした。

そして彼らは、ヴィクトリア期の建築と装飾芸術を支配したルイ14世やロココリバイバルに至るまで無差別に非難しました。
 

モーセ美術館のアートと工芸

モーゼコレクションでは、アートアンドクラフト運動で名をはせたユニークな巨匠たちの作品や工業的作品を見られます。

作り手の作品への衝動がすべての作品に共通してます。

自然へのインスパイアが過去の作品の模写よりも色濃く表現されていて、また、工業化への反対表現だけではなく、工業化により退化していった職人のクリエティビティも見られます。

アートと工芸支持者は当時の状況下で作られた作品は道徳的により成長したもので、それら作品が人々の命をより良いものにさせるものだと信じました。
これらは現代におけるアートデザインの評価に影響しています。
 

アートの進化への探求

作品が職人によって手作業で手掛けられたものは良い状態で長持ちし、安物は早い段階で風化するとアート進化論者は論じます。

アートアンドクラフト運動者はその土地の気候や地理に沿って開発法を好みました。

建物を設計する際その土地の文化風習に沿い、風土に合うように設計することがあります。

例えばGustav Stickle社が手掛ける家具には、構造上にある線を緩やかな曲線に置き換え、ベニヤ板の代わりに純粋な木を試用し、無駄な装飾などは除いています。

しかしながら、簡素化が製品にかかる費用を削減しより多くの人々に届く価格帯にという望みは実現しませんでした。
 
モーゼ美術館での作品集はアートアンドクラフト運動のゴールである手作り作品の再来、より良い状態の良い作品とデザインの均一化をなぞる宝飾芸術のステータスの上昇が見られます。

特にモーゼ美術館が重きを置いているのは、アメリカの焼き物アートをモデルとしたアートと工芸の理想と妥協です、
 

アメリカ焼き物アート

陶器工業は最初の手作りへの置換の要求でした。

ジョージ・オハイをはじめとする焼師達は、職人こそが構想から仕上げまでのすべてのデザイン工程をコントロールすることが理想であると唱えました。

彼は陶器を個人的に構成から仕上げまでをしましたが、それらは商業的に存立してませんでした。

対して製作工程は平均的なグルービー陶器が手掛ける陶器はそれとは異なります。

焼き物一つ作るのに一つ一つ掘られ、焼かれ、鋳型にははまらないそれぞれが異なるパターンをもって生まれます。
 
ルイス・コンフォート・ティファニーの焼き物は鋳型で作られましたが、それぞれの仕上げは手で施されました。

ブロンズ、結晶、マッテなど単形からなる焼き物がギャラリーにて見られます。
最大で最も商業的な焼き物アート制作はライン製造にて製造会社に見られます。
 
ファルパー鋳物社は実用的な食器のほとんどを製造していた一方、1909年にアートな家具としてヴェースクラフトを新たなラインアップとして紹介しました。
 
ルイスコンフォートティファニー 花瓶 1905年作
花瓶 c. (1905)
焼器


女性がリーダー

女性がアートと工芸の原則を世に浸透させ、多くの団体を組織しマーケットやメディアに博愛を知らしめたリーダーでした。
 
ポールリヴァーブ陶芸社を創立したジェームス・J・ストローはサタデーイーブニングガールズクラブで育ちました。
サタデーイーブニングガールズクラブはイタリアや儒教の国々からの移民も娘たちを向上作業員として招きまた、彼らに職と陶芸技術を与えました。
 
この新たなデザイン学校の出現は女性に他の機会を与えました。中でもアート専攻をしていた若い女性たちにニューオーリンズのビューコンブ大学は職の機会を与えました。地元の植物と花々に影響を受けたアートと工芸の装飾は、モクレンやオークスやコケやイトスギなどの主なテーマが見られ、ニューコンブの作品の特徴となっています。
 

ルークウッド陶芸

マリア・ロングウォース・ニコルズは富裕層出身のアマチュア陶芸家兼陶器塗装家で、1880年に、アメリカでもっとも成功した、ルークウッド陶芸社をオハイオ州シンシナティ市に設立しました。陶器歴史研究家のエドウィン・アトリー・バーバーは1893年に“ルークウッド陶芸社はアメリカで純アメリカ製の陶器をつくり、アメリカ陶芸の真価を極めた。”と記しました。ニコルズは1883年にフルタイムの装飾人たちを雇いました。中でも、デザインと装飾を担当したビジネスマネージャーはもっと有益でルークウッドを大きなアート企業へと成長させました。
 
ルークウッドのフランス式下絵具技術はアメリカの陶芸に大いに影響しました。陶芸初期のレンブラント様式茶色、黄色、オレンジなどの発色はルークウッドスタンダードとなりました。1890年代に他の色彩や技術が発展していきました。
 
男性女性両性からなる装飾家たちは一つ一つの装飾デザインに責任を持ちました。ルークウッドもしかしながら、他のアートと工芸製造のように、デザインの型が基準化され労働者の効率化を図ったせいで、アートと工芸の理想にはたどり着けませんでした。