ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • ルイス・コンフォート・ティファニーのローレルトンホール

ルイス・コンフォート・ティファニーのローレルトンホール

 
2011年モーゼ美術館は、歴史上最大の作品貯蔵庫となったロングアイランドに点在したローレルトンホールからアート作品と建築作品を紹介するギャラリーを開きました。
 
邸宅にあったラッパズイセンテラスや200もある作品を復元しました。

ティファニーの個人的なコレクションのレアな鉛ガラスやティファニーの象徴とも呼べるランプ、手作り家具に留まらず、アートグラスや焼き物に至るまで集約しています。
 
新しいローレルトンホールギャラリーは6000スクエアフィート(約560平方メートル)もの展示スペースを設けてあり、モーゼ美術館はティファニーの歴史伝説や、彼が何を伝えたかったのか、を意訳し伝えます。

ローレルトンホール1902年から1905年までの間に創られ、1957年に火災によって没落してしまいます。

ティファニーはアーティストとして、部屋の内装建築詳細から庭園や湧き水滝に至るまで一つ一つを手がけました。

さらに、モーゼ美術館内に用意された10のギャラリースペースを使いローレルトンホールを再現ました。ダイニングルームやリビングルーム、また比類なく没頭する経験ができる滝の裁判所と呼ばれたリセプションルームがあります。
 
モーゼ美術館 ルイスコンフォートティファニーのローレルトンホールのリセプションホールを再現したギャラリー
リセプションホールギャラリー

モーゼ美術館 ルイスコンフォートティファニーのローレルトンホールのダイニングルームを再現したギャラリー
ダイニングルームギャラリー

モーゼ美術館 ルイスコンフォートティファニーのローレルトンホールのリビングルーム再現したギャラリー
リビングルームギャラリー

モーゼ美術館 ルイスコンフォートティファニーのローレルトンホールの他の部屋を再現したギャラリー
他の部屋のギャラリー
 

ラッパズイセンテラス

モーゼ美術館にてラッパズイセンテラスはガラスに囲まれたギャラリーにて再現され、当時のローレルトンホール内の配置をも再現しています。

この18×32フィート(5.5×9.8メートル)の四方の空間はティファニーのユニークで劇的な様式を表しています。

ラッパスイセンガラスの花束で覆われた8本の11フィート(3.35メートル)の大理石柱に支えられたテラスの天井には、何百ものステンシル木材を使った3つの入り江が描かれています。

中央の入り江は梨木をモチーフにした6枚の大きな虹色のガラスタイルが天窓を覆うのを特徴としてます。
テラスに使われている部品や破片は600を超え、美術館が最も重要な保護プロジェクトの一つです。またそれは、シカゴで行われたコロンブス万博に出展されたティファニーのチャペルインテリアの再現です。
 
モーゼ美術館 ルイスコンフォートティファニーのローレルトンホールのラッパズイセンテラスを再現したギャラリー
ラッパズイセンテラス (1915)
 

ギャラリーのハイライト

ダイニングルームの設備のハイライトは、13.5フィート(4.11メートル)の高さのモザイク柄した大理石の暖炉の前飾で、ティファニーの先進的なデザインの一つです。

他にも、25フィート(7.62メートル)長の東洋のラグ、直径6.5フィート(2メートル)ドーム型銅ガラス製シャンデリア、6つの鉛ガラスでできたウィステリア欄間などがあります。

リビングルームには1900年パリ万博に出展し金賞を受賞した4枚の鉛ガラス“四季”が展示されています。タートルバックガラスが施された5つのランプがティファニー様式の焦点として吊り下げてあります。

噴水の裁判所には、ミルフィオリ吹きガラス作る影と共に4フィート(1.2メートル)もの噴水の花瓶が見られます。ティファニーの屋敷のアートギャラリーから、モーゼ美術館では複雑に彫られたインド式対ドア、半月型の孔雀を模した窓やモザイクガラスを入り口に展示してます。
 
ヒュー・ブラント、ジェネット・マッキーンは1957年に火災で没落した後、屋敷から作品を救出しました。30年かけ二人は広大で世界で最も包括的なティファニーの作品たちの修復をし、モーゼ美術館にそれらを寄贈しました。