ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • NHK放送!イギリスアンティーク鑑定旅に弊社が資料提供しました!

NHKで放送されたイギリスアンティーク鑑定旅に情報提供


今回NHKで2018年6月23日に放送されたイギリスアンティーク鑑定旅に弊社の紹介と弊社が提供した情報と画像が紹介されました(^ ^)


そのことについて私が番組を見ながら思ったことや、感じたことについて書いていきます。
 

どんな番組だったの?

番組の内容は、女優の柴田理恵さんと南沢奈央さんがイギリスの蚤の市に行って、掘り出し物を見つけるという内容でした。

そこで実際に自腹で商品を購入して、購入した商品を鑑定士に見せて購入価格と実際の市場価値の差額が大きかった方が勝ちといった流れです。



女優の柴田理恵さんがアンティーク市場で掘り出し物を探す
女優の南沢なおさんがアンティーク市場で掘り出し物を探す
女優の柴田理恵さんと南沢奈央さんがアンティーク市場で掘り出し物を探す
番組の中で、2人の女優が資料を片手に蚤の市を歩き掘り出し物を見つけていくのですが、その資料の中で弊社が提供した情報と画像があります。


こちらは柴田理恵さんがロイヤルウースターの商品を探してるとこの画像です。
販売主にいろいろ聞いてますね(^ ^)


こちらは実際に柴田さんが資料を開いてロイヤルウースターの資料を見てるところです。
この写真も画像もサインの見方も弊社が提供した情報になります(^ ^)
弊社が提供したロイヤルウースターのサインの見方と写真

こちらは実際の商品と資料を比較している様子です。
実際の商品と弊社が提供した資料を比較する様子

ロイヤルウースターのサインの見方と提供した写真はこちらから
(商品一覧の下のロイヤルウースター情報のところになります)

今回柴田さんは販売主から、このロイヤルウースターは王室御用達のメーカーだからとても素晴らしい作品だわ。
と言われてました。

ですが、確かにロイヤルウースターは王室御用達で、王室に様々な商品を献上していましたが実際には全部の商品を納品していません。

王室に献上するのは一部であり、献上する商品を作るためだけに3ヶ月も要する場合があったからです。

テレビを見ながら私は、その商品は確かにロイヤルウースターだけど、そこまで良い商品じゃないから買わないでって言ったんですが購入しちゃいました(^_^;)

私からの見解なのですが、基本的に商品の内側が金彩でない商品にはそこまで価値がないと思ってもらった方が良いですね。
(ほとんどのメーカーの場合に当てはまります)

王室に献上するくらいの作品になると、華やかさ、豪華さ、装飾の美しさが絶対条件になってくるのでシンプルなものが献上されるということはまずありません。

話は戻りまして鑑定士に商品を見てもらうことになります。
鑑定士が柴田さんの購入した商品を鑑定するところ

柴田さんの購入した商品はいくらになったのでしょうか?
それがこちらです↓

柴田さんが購入した商品の鑑定額

このように130ポンドで購入した商品が60ポンドになってしまいました。

ほとんど半額ですね(^_^;)

鑑定士が言うには、カップの淵に欠けがあることと、汎用品であることがこの値段になった理由らしいです。

確かに私もそう思います。
ロイヤルウースターのカップの淵の欠け

この欠けがなかったら120ポンドにはなってただろうと言われましたが、それでもマイナスですね。

ただアンティークってのはそれが楽しみでもあり、損得ではなく自分が良いと思ったものを大事に扱うってのが一番の楽しみだと思いましたね(^ ^)

柴田さんが購入した商品も私は素敵な商品だと思いました。
 

どっちが勝利したの?

番組の前半ではこのように柴田さんが負け込んでいたんですが、後半戦に進むに連れて柴田さんお購入した商品のお宝の割合が増えて最終的には柴田さんが勝利しました(^ ^)
勝敗の画像


こんな感じの番組で、2人ともとても楽しそうにアンティークのお宝を探されてました。


 

弊社が提供した資料と画像

弊社が提供したコールポートとミントンの画像
こちらの画像の左上と右下は弊社の画像になります。

左上のコールポートのカップ&ソーサーはこちら
右下のミントンのカップ&ソーサーはこちら

 

エンドロールで弊社の名前が紹介されてます

エンドロールで流された情報提供先の妹尾商事の名前

NHKの番組に弊社が情報提供したまとめ

今回番組のディレクターの方と、電話やメールでなんどもやりとりを行ってその間に他のお客様との対応があったので3週間くらいはとても忙しかったのですが、実際に番組を見て思ったのは番組に情報提供して良かったなぁということでした。

柴田さんや南沢さんには直接会ってはないのですが、私の資料を片手に商品を選んでもらってるところを見たら間接的にではありますが、お役に立てたのかなぁと思っています。

そして番組をご覧になられたたくんさんの方に、アンティークについてもっと身近に感じで頂き楽しんで貰えるようになったら良いなぁと思いました。

今後ももっとたくさんのメディアから情報提供がくると思いますが、その度分かる範囲で調べて資料を提供できていけたらと思います。





参考資料 もっとNHKドキュメンタリー

お宝を掘り当てろ!イギリス アンティーク鑑定旅
 
close