ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • アンティークシルバーポットをヨーロッパで仕入れて来たレポート
こんにちは。
アンティークショップ店長の妹尾です。

今日は私が独自で開拓した、アンティークシルバーの仕入れをやってるところの風景を記事にしました。

シルバーポットの期限はイギリスと言われてますが、シルバー製品を探そうと思った場合ヨーロッパ全土を見て回るとたくさん素晴らしい作品が出て来ます。


独自仕入れルートなので、詳細な場所までは言えませんがどんな感じで商品を見て仕入れてるかをレポートして行きますね。
 

アンティークシルバーポットはヨーロッパにたくさんある

やはり、コーヒーや紅茶が当たり前にある文化のヨーロッパでは日本よりも圧倒的にシルバー製品が多いです。

カフェなども多く、店内はおしゃれなお店が多いことも印象的です。
ヨーロッパのカフェはおしゃれな店内 ここは仕入れる時にいろんな店を回るんですが、その時に休憩に入ったカフェの店内になります。
とてもエレガントで豪華な雰囲気がありますね。

別にホテルとかでもなく普通のカフェなんですよ。

本題に戻りますが、シルバーポットを仕入れる時には実際にお店に行って現物を見てから仕入れるようにします。

アンティークシルバーポットがたくさん並んでる写真
こんな感じでシルバーポットがたくさん並んでいます。
下の段にはかなり大きなサーバーがあるのが分かりますよね。

実際の大きさがかなり大きかったのでサーバーの写真も乗せておきますね。
大きなシルバーのサーバー
当時のオリジナルボックスがついて売ってるのでとても嬉しいことですよね!

アンティークシルバーのティーポット
こちらのシルバーポットは大きく見えますが、そこまで大きくなくて2人用のポットなんです。

女性の方は大きすぎるのは使いにくいというのがあると思いますので、これくらいのサイズが私のショップでは人気ですね。
装飾も細部まで繊細に施されていて美しさがより引き立ちますね。


シェル模様のティーセット ティーポット、クリーマー、シュガーポット
こちらはシェル模様のティーセットになります。
ティーポット、シュガーポット、クリーマーの3点セットですね。









こんな感じでたくさんのティーポットがあるので、どれを仕入れたら良いのかとても悩んでしまいます。
ですが、やっぱり装飾が綺麗な作品に目が行ってしまうのでシンプルな商品というよりは装飾がしっかりと施してある当時の職人が作ったポットを選んでしまいますね。








 
close