ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • ボーンチャイナはどうやって見分けたら良いの?本物偽物の見分け方!

ボーンチャイナのお皿には長い歴史があります。

ボーンチャイナは、1900年代初期から中頃まで、花嫁道具の定番でした。 ほかの中国の食器と一緒に結婚祝いとしてもらったり、結婚祝いのために、前もって準備することもありました。

その結果として、あなたの家族が受け継いできたボーンチャイナはこの時代からのものである可能性が高いと言えます。 現代の花嫁は、花嫁道具として様々な選択肢がありますが、ボーンチャイナはいまだに花嫁道具として人気、価値のあるものとされています。

この記事ではあなたが買おうか悩んでいるか、もしくは誰かから貰ったボーンチャイナが本物であるかどうか確かめる方法をお伝えしようと思います。

本物のボーンチャイナを見分けるには

 

ボーンチャイナの作り方


ボーンチャイナを作る方法はいくつかありますが、他の中国陶器と違う点は、ボーンチャイナには最低でも25パーセントの骨の灰が含まれていると言うことでしょう。

このことはボーンチャイナに必要な十分な強さと白さの要因となるだけなく、ボーンチャイナ特有のどこか透明な感じを出す要因です。

この特有の透明さは光は透けるが、完全に透明とは言えない感じと言えば良いでしょうか。

ボーンチャイナの価格は一般的に、他の中国陶器より高価なのですが、その価格は、ボーンチャイナを作るのにかかる手間と、労働力に裏付けられたものと言えます。

本物か確かめる方法

基本的にボーンチャイナは製造業者によって登録がされており、それぞれに登録商標、番号、型名が記載されています。

しかし、時間が経つにつれてそれらは読みにくくなってしまいます。

幸い、特別な道具や材料を必要とせずに、すぐに本物かどうか確かめる代わりの方法があります。

もし手元にボーンチャイナと思わしきお皿があるのならそれを持って、ライトにかざしてみましょう。

本物であれば下記のようにあなたの指が透けて見えるはずです。
お皿から指が透けて見える様子

実は、ボーンチャイナのお皿やコップのフチを爪で擦ると、ボーンチャイナ特有の澄んだ音が鳴るのですが、その音を他の食器の音と見分けるには少しばかり訓練が必要です。

ボーンチャイナの手入れの仕方 ボーンチャイナはその見かけによらず驚くほど丈夫にできています。

しかし、永久に壊れないわけではないし、メラミン食器ほど耐久力があり壊れにくいわけではありません。

ボーンチャイナは一家の財産としての価値を持つだけでなく、世代間を超えて宝物にされ楽しまれるものであるため、このような質の良い食器を初めて扱う際には、手入れをするべきと言えるでしょう。

優しい石鹸で手洗いすることを非常にオススメします。

そしてボーンチャイナを洗う際にはまとめてではなく一つづつ気を配り扱いましょう。

特にコップのとっては壊れやすいので注意が必要です。

比較的最近作られたボーンチャイナは食器洗い機に対応していることも多々あります。

しかし、食器洗い機用の洗剤はキメが荒いことが多く、高価な食器の模様を消してしまうことが多々あります。

アンティークのボーンチャイナは優しい手洗いを想定して作られ、描かれています。

きちんとした食器洗い機を使ったとしても、食器洗い機の仕組み上、他の食器とぶつかり欠けてしまうことは十分ありえます。

また、中国食器には、金や金属で描かれた模様が多々あります。

これらの食器は電子レンジには決して入れてはいけません。入れた場合、スパークが発生し、中国食器と電子レンジ両方に損害を与えます。

 

ボーンチャイナを買うには

フォーマルな食事用に、ボーンチャイナのセットを集めたり、買うつもりがあるなら、お店やネット、弊社で買うことができます。

ただ店舗にいく場合に覚えておいてほしいのは、販売店は商品の詳細まで全て教えてくれない場合も多いので、あなたがボーンチャイナを買ったと言う確認をきちんととっておく必要があるでしょう。

 

あなたがどのくらい古いかわからない食器を持っているのなら、その食器の模様や製造場所、作られたを確認できる、雑誌や本がたくさんあります。

close