ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • イギリス(英国)の高級陶磁器ミントンってどんなブランド!?(Minton Bone China)
ミントン社のカップ&ソーサー
Minton Bone Chinaは、1793年、イギリスのスタフォードシャーで、トーマス・ミントンにより設立されました。企業は、陶磁器界で最も誉れ高い企業の一つとなりました。

それはなぜでしょう。

トーマス・ミントンはコールクロで彫刻家として働いており、今でも使用されるブロッスリー・ブルー・ドラゴンや、ジョシア・スポードのために作成したウィロウ・パターンなどに貢献しました。
その才能と洞察力のある個性で、企業はスポードに一番近いライバルと言われる程成功しました。
ミントンはアンティーク陶磁器になくてはならない存在です。個人的に、ミントンの作品というのは、完璧主義者の作品だと思います。

ミントン社の完璧主義への欲求

完璧主義への欲求の一部が、高品質のミントンの商品を、一般の人々にも手が届きやすくする、というものでした。これはまた、トーマス・ミントンの成功の一部でもあります。
ミントンは、彼自身の有名彫刻作品ウィロウ・パターンを大衆に広め、マジョリカ、ぺリアン、土器といった製品も成功を収め、そして1820年、Minton Bone Chinaも成功しました。
初期のミントンは、とても影響力のあったフランスのセーブルと比較されて考えられることがあります。

ハドン・ホール・パターンー20世紀の偉業作

ミントン社のハドンホール
ミントンで最もよく知られているのが、ハドン・ホールです。ジョン・ワズウォーズによってデザインされたこの柄は、特に日本のマーケットで好まれています。

ハドソン・ホールは1949年にデザインされましたが、創業者のトーマスに始まり、その息子ハーバードが1836年に後を継いだその長い歴史の中で、最新の大成功作でした。

この素晴らしいデザインの自身の商品を、ミントンから出す、という早い決断は、企業にその終わらない素晴らしい企業文化を楽しませているようでした。何もミントンには合いませんでした。

コリン・ミントン(キャンプベル)は甥で、企業の伝統を受け継ぎ、クリストファー・ドレッサーに、その時代のミントンのマークを作るように任命した人物です。2006年、コロンビアで、ドレッサーによるミントンの壺が8500ドルで売られているのを見たことがあります。評価額は3000-5000ドルでした。


アシッド・エッチド・ギルディングー金箔の装飾

ミントン社の技術 アシッドエッチング
複雑な金箔模様でも名声を得ています。一皿が1000ドルするものもあり、ミントンのそのユニークなアート作品として知られ、多くのアイテムが遺産として購入されます。
1863年、ミントンは、外側の艶部分に切れ目をいれ、繊細な金箔模様が染み込むようにする、アシッド・エッチングの手法で特許を得ました。
これは、キャンプベル時代のもう一つの成功作でした。ミントンの様に作り上げられた持続する世襲制には何が必要なのか、考えてみましょう。
始めは、創始者です。世界的に名声を得た職人であり、ウィロウ・パターンの作成者です。また、同じように才能のある息子もおり、彼が主権を譲り受けました。
三番目が、甥のコリンです。計り知れない企業家精神と、芸術的な才能をもった人物です。

ミントン社の技術パテ・シュール・パテ

ミントン社の技術パテ・シュール・パテ
ミントンのレガシーを作り上げるなら、家族経営で会社を行うべきです。
これらの先見の明を抜きにすれば、どんなに高貴な目的をもとうとも、この厳しい商業の世界では、滅びてしまいます。
多くがそうであったように、そしてそうであるように。
ミントンはまた、フランスの技術、パテ・シュール・パテをイギリスで応用したパイオニアでもありました。液状の土を貼る、もしくは滑らせ、慎重に慎重に重ねていき、息を飲むほど美しい芸術作品を作り上げる技術です。
ミントン一族はパイオニアでした。
美しい陶磁器のティーカップが優美に水切りに座っているのをみるたびに、ミントンが思い出されるにちがいありません。

マジョリカ陶器−イタリアの陶器を基に生み出されたミントンのアイディア

ミントン社のマジョリカ

マジョリカ陶器はミントン陶磁器、七宝焼、パテ・シュール・パテ、そしてアシッド・エッチングに続く、19世紀における驚くべき程クリエイティブで、技術の才能に溢れた、ミントンの先駆的な技術です。

マジョリカ陶器は英国(イギリス)UKのミントンの工房で1850年辺りに発達した、ルネッサンス期のフランス、イタリアの陶芸を模倣したものです。(マジョリカはミントンが説明するために用いた、イタリア語のマイヨリカから来た造語です。)

これは特別なプロセスで作られていました。色のついた光沢を強調させるためにしっかり型作られた物です。この技術は、イギリス、ヨーロッパ、北アメリカで多くのメーカーが真似ました。

2008年にサザビーズNYでレア物のミントン・マジョリカの用燭台が20000ドル越で売られているのに気づいた時は思わず息を飲みました。大体10000から15000ドルの値が付くものでした。

私の念頭には全ての布告を超えて、ミントンは神に近い存在です。ミントンボーンチャイナからマジョリカまで、ハイクラスの装飾陶器の世界では本当に素晴らしい失跡です。
高品質陶器のマーケットが少なくなっていても、その価値を維持し続けているのに不思議はありません。
既に述べたように、最上級のミントン製品、例えばドレッサーのデザインの物、またはレアなマジョリカは4桁から5桁の値で売られます。
ミントン社のカップ&ソーサー

イギリス版、BBCのアンティークロードショウに出演している有名なエキスパートであるエリック・ノウルズのブログを見ましたが、コレクションのヒントとして、1980年代にデザインされたジーン・ムーアの陶磁器の小物入れは、将来のために収集した方がいいとのことでした。

個人的な見解では、アンティークやヴィンテージ陶磁器のおけるミントンの名前は、まさにミントンそのものが保持していると考えます。

もし、あなたがミントンがバーゲンになっているのを見かけたら、私は投資のためにそれを掴みとるでしょう。

陶器の製作において、これよりも素晴らしい栄光の日々を見つけることは難しいでしょう。21世紀の悲しい消滅の以前に。
ちょっとこれに目を通してみてください。(マウスをスクロールして頂くと、写真が拡大され、アイテムの最新の競り値が表示されます。)それぞれのアイテムのオークションを個別に追って頂くには、そのアイテムをクリックして頂くだけです。
念のためにためになるかと思いますので言わせて頂くと、売り手側のbuy-it-now(BIN)の値段と、最終的な終値を混同しないでください。売り手が時々つまらない楽観主義で、BINを高く設定しすぎ、沢山の売れなかった残骸が現れます。
繊細のメモですが、ウィロウ・パターンをご覧いただいて、トーマス・ミントン時代の古い柄と、新しい柄の違いを見てみてください。
新しい方の柄は、鳩とリンゴの木が描かれているのに対して、古い方は、この二つのディテールは含まれません。
どうも、噂では、中国のミントンのコピーには、橋がないらしいです。ある論争によると、ミントンは古いイギリスの物語を解釈していましたが、それが中国の駆け落ちした恋人達の伝説ではないと仮想されるそうです。
ミントン社のプレート

現在のミントンはどこに?

ミントンは1978年にロイヤル・ドルトンと合併し、2000年代にロイヤル・ドルトンがウェッジウッドグループになった際に、ミントンも結果的にウェッジウッドグループの一員となりました。彼らは天才的な経営陣の元で繁栄しているいることは確かです。昔々、トーマス、ハーバード、そしてコリンと一緒だった時のように。

というのはもちろん冗談です。それから、もちろんウェッジウッドグループは経営陣に入り、新しいWWRD Holdings Ltdという企業の、同じ顔触れのキーパーソン達の経営もとで、多くの赤字を書き出し、修正しました。(もしそれが間違っていたのなら、修正するのは理解出来ます。)
金融面の提供は、アメリカの投資会社、KPSキャピタルから来たものでした。
同じ時期、約2000のイギリス人労働者は、過剰だと言われ、ニューヨークを探しにバイクに乗るように伝えられました。そして多くのイギリスの陶磁器は遠く東の地へアウトソーシングされました。
イギリス人のスキルある人々が最高級の商品を作るには小さすぎる本体しかなく、長距離バスツアーが来たときになにか見せるものがあるだけです。
これらの海外製の商品は、原産国のラベルがついていたりついていなかったりですので、注意してください。もし、商品にMade in Englandがある時にだけ、それが実際にイギリスで生産されたのだと信じてください。
私が経営陣に加われたらいいのに。そうすれば、PJH Holdingsとして家のローンを負債として書き出して修正できますから。(原文筆者の名前はPeter Holland)そして何事もなかったようにしておけば、家のローンの取り立ては企業にいきますからね。これは良いごまかし技ですよ。
そしてまた、私は自分の商品を海外で作って、自国で作ったかのように見せかけるでしょう。実際にはしませんが。それって恥ずべきことだと思いませんか?
もし私が、原産国を戻すための活動家のように聞こえるようだったら、そうです。
では、WWRD Holdings Ltd(ウェッジウッドグループ)は、ミントンの名前で一体何をしているのでしょう?商品の生産過程を明らかにすることに興味があります。もし出来れば、すぐに公に公表します。


 
close