ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
お客様の声
エミールガレ アールヌーヴォー カメオ 花瓶
1,100,000円(税100,000円)
購入数

エミールガレ アールヌーヴォー カメオ 花瓶
1,100,000円(税100,000円)
エミールガレの曲線が美しい彫刻、酸エッチングが施されたカメオガラスの花瓶です。

ガレの作品の中でも、特に鮮やかな色使いと卓越した技量が光る逸品です。

クリーム色の背景のピンクとグリーンの組み合わせは、ガレが元々植物学者であった事実を思い出させます。

太めの花瓶で新品同様です。

星が添えられたガレの署名が刻まれており、これは1904から1907年の間に使用されていたものです。

エミール・ガレ(1846年5月8日フランス、ナンシーで生誕。1904年9月23日に同じくナンシーで死去)は、ガラスの技術革新においてフランスのデザイナーそしてパイオニアとして評価されました。

ガレはアールヌーヴォー 様式と、モダンなルネサンス時代のフランスのアートガラスの第一人者でした。

著名なファイアンス焼きと家具の工場を営む家庭に生まれたガレは、哲学、植物学、絵を学び、後にフランスのマイゼンタールでガラス製造を学びました。

仏独戦争(1870年〜1871年)後、ガレはナンシーにある父親の工場に勤務しました。

彼は初め透明なガラスに軽く着色し、エナメル加工と彫刻を使って装飾していましたが、その後もっと重く濃い色使いのほぼ不透明なガラスを使用し、何層も重ね、彫刻またはエッチング加工により植物のデザインを制作し始めました。

ガレのガラス製品は1878年のパリ展示会では大変好評で、現代的なリバイバル・スタイルで精力的に活動するデザイナーとして名が知られるようになりました。驚くほど独創的な作品は、1889年のパリ万博に出品された際にも評判になりました。

その後10年間、ガレのガラス作品は日本美術からの影響を多大に受け、世界的に有名になり、模倣品も登場しました。

ガレの作品は、自由で非対称自然主義と象徴思想のアールヌーヴォーの時代に大きく貢献しました。

ガレはホイールカット、酸エッチング、ケーシング(ガラスの層を重ねる技術)、および金属箔や気泡などの特殊効果を使用していたため、実験のような制作方法を「ガラスの寄木細工」と呼んでいました。

ガレはナンシーにて、職人技の復活と、それによる工芸ガラスの大量生産による普及を指揮しました。

19世紀後半に生産率がピークを迎え、その当時ガレのワークショップは300人近くの従業員を雇用していました。

ガレはアールヌーヴォー のガラス職人であるウジェーヌ・ルソーを含む、多くの職人を魅了しました。

ガレの死後、彼のガラス工房は1913年まで生産を続けました。

サイズ
高さ 32cm強

状態
目立つ大きな欠け、割れ、傷無く良好な状態です。
詳細は画像をご覧ください。
1,100,000円(税100,000円)
購入数

新着商品
ラインからのお問い合わせバナー
お問い合わせバナー
 
お客様の声

電話番号はこちら050-3630-0857

お問い合わせバナー
お問い合わせバナー
注文方法

close