ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
お客様の声
ドラット 小サイズ フランス製 1930年 アール・デコ ナイトランプ 1935年 アルヴェール
440,000円(税40,000円)
購入数

ドラット 小サイズ フランス製 1930年 アール・デコ ナイトランプ 1935年 アルヴェール
440,000円(税40,000円)
1933年から1935年の間に製造されたモールド成形ガラス製の非常に珍しいフランスのアール・デコのランプです。

ベースはニッケルメッキ加工された真鍮またはブロンズ製で、アンドレ・ドラットによる緑青の透明なフロスト成形プレスされたガラスのグローブを支えています。

グローブ型のシェードはあじさいの花と葉を表現しています。

アルヴェール・フランスとサインが入っています。

ベースを再メッキして緑青を塗ってあります。

ランプは布で覆われたツイストコードで再配線されています。

現在、古いバヨネット式ソケットが付いていますが、日本用にアメリカ式のキャンデラブラベースと2ピンプラグを配置します。

アンドレ・ドラットは、元々ミューラーを担当していた銀行家でした。

彼はミューラー工場のガラス製品に熱心になり、化学の研究を始めます。

その後、1921年にナンシー市近くのジャーヴィルに自身のガラス製造業者ヴェルリ・デ・レストをオープンし、主にまだらな色付きガラスで花瓶やランプシェードを製造しました。

1926年に、ドラッドはナンシー市内のより大きな工場に引っ越しました。

しかし、ドームナンシー社との攻防に負け、会社は1933年に閉鎖されました。

その後、ドラッドは産業家のジョルジュ・デスポルデスとともに、リヨン近くのリヴ・ド・ジエ村に新しいガラス工房を開きました。

新会社は「アルテ・エ・ヴェルリ」と名付けら、この工場で生産された作品は「アルヴェール」とサインが入っています。

しかし、戦時中だったと言うこともあり、商業的な成功は治められずすぐに倒産してしまいました。

彼はその後1935年から1937年までSEVBAガラス工場の芸術部門で働きました。

ドラッドは最終的にフランス南部に移り住み、第二次世界大戦後は保険会社で働きました。

サイズ
高さ 11.7cm
ベース 約13 x 13cm

状態
目立つ大きな欠け、割れ、傷無く良好な状態ですが、シェードに目立たない欠けがあります。
詳細は画像をご覧ください。
440,000円(税40,000円)
購入数


新着商品
即日発送可能商品
ラインからのお問い合わせバナー
お問い合わせバナー
 
お客様の声

電話番号はこちら050-3630-0857

お問い合わせバナー
お問い合わせバナー
注文方法

close