ホーム
0
カテゴリー
グループ
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
お客様の声
HANOTS:1930年 フランス アールデコ調のペンダントシャンデリアランプ (ミューラー兄弟やデュゲと同時期のフランス製)
715,000円(税65,000円)
購入数

HANOTS:1930年 フランス アールデコ調のペンダントシャンデリアランプ (ミューラー兄弟やデュゲと同時期のフランス製)
715,000円(税65,000円)
Verreries des Hanots製

ニッケルメッキのブロンズまたは真鍮製の珍しい1930年製 フレンチアールデコ ペンダントランプです。
ガラス工場のVerreries des Hanotsによる透明なつや消しとプレスガラスで見事な星型の形状をしています。

古いHanotsカタログににも掲載されたことのないモデルです。

今回は30cm、45cm、55cmと3つの異なるサイズで作られたモデルの中で中型に当たる45cmのものです。

Holophane社は、工業用ガラスを大量に生産する大企業でした。
大戦間期である1938年頃に、Verreries des Hanotsの名前で高品質のランプシェードを作り、Verlysというブランド名で花瓶や彫刻を作りました。
Hanotsの製品は、あまり一般的には知られていませんがミュラー兄弟、 ジャン・ゴーティエ(EJG)、デュゲおよびシュナイダー・アノと共に成形プレスガラスで高品質のランプシェードを製造する5つの大きなガラス工場の1つでした。

ペンダントの高さは76cm、直径は44.5 cmです。

非常に良好な状態です。

取り付け部を再度ニッケルメッキし、6つの電球が使えるよう再配線しました。

シャンデリアが取り付けられれば気にならない程度ですがボウルの内側とリムの上部に小さなチップがいくつかあります。
30年代の厚手ガラスで作られており、内側は細かなラインで形成されています。

715,000円(税65,000円)
購入数


新着商品
即日発送可能商品
ラインからのお問い合わせバナー
お問い合わせバナー
 
お客様の声

電話番号はこちら050-3630-0857

お問い合わせバナー
お問い合わせバナー
注文方法

close
<{* ここから上