マイセン ピンク・イエローローズ(薔薇)

商品一覧

商品一覧


マイセン・ピンク・イエローローズのモデル紹介


マイセンのティーカップやお皿の花模様といえば、素敵なローズ(薔薇)を思い描く方が多いのではないでしょうか。

そうなのです。マイセンは花をモチーフにした作品がとても多いです。
そして、特に人気が高いのがローズとなっています。

しかし、このローズはマイセンでは様々なデザインパターン、絵付けがあり、マイセンローズは時代と共にペインターが変わりローズの描き方も変わっています。

ただ、変わらないことはマイセンの長い歴史においてその絵付けは現在もペインターによる手描きだということです。

マイセンは伝統を守り続けているということです。

そのため多くのフラワーペインターが所属しています。
しかし、自然主義のローズは、マイセンの絵付師ケルスティン・ヘンチュが自然主義の花絵のマイスターとして現在活躍中ですが、彼女を含め自然主義で描かれたローズは数人のマイスターしか描くことができないといわれています。


ですから、美術、芸術的価値も含め高価な作品となっています。

もちろん、定番のピンクローズ、イエローローズもマイセンの専属の熟練フラワーペインターによる手描きの作品です。

マイセン養成学校で学んだペインター達によって描かれているのです。

ローズがモチーフの1つの花から5つの花は、花の数が増えるごとに値段が変わりますが、手描きでのその作業を考えると納得できる価格となっています。


マイセンローズの魅力は、その手描きによる繊細な色使いや色彩のバランスです。
花びら1枚をみてもそのコンストラクションにペインターの個性が見え隠れします。

同じデザインの作品でもペインターによって、また作者が同一でもそっくりであっても違いがでます。
そこが、描きのいいところです。いわば1点ものということになるのですから。


ピンクローズの中でも非常に珍しいのがスワンハンドルになります。
<
持ち手の部分がスワンになっているんですね。

ピンクローズの一輪の花がスワンによって美しく引き立たされているのが魅力的な作品になっているのです。

こういったマイセンの可愛らしいピンクローズのテーブルウェアでティータイムを過ごすことが出来れば素敵だと思いませんか。



弊社が取り扱うマイセンの商品について


弊社で扱っているマイセンの食器は、全て現地(西洋、ヨーロッパ)で専門のスタッフが買い付けてくるスタイルをとっております。
ですので、他社にはない仕入れルートで仕入れを行っておりますので、古マイセンと言われる、かなり古い作品でさえも仕入れることが出来ます。
マイセンコレクターの方であればこの年代のこの作品が欲しいと言ったご要望があると思いますのでそういった商品が御座いましたらお気軽にご連絡ください。