マイセン Aカンテ A-kante

コレクション一覧
      商品一覧

      商品一覧


      マイセン Aカンテ

      マイセンのBフォーム、Xフォームはかなり有名ですので1度は耳にしたことがる、どこかの画像で見たことがある。
      という方は多いのではないでしょうか。
      しかし、Aカンテと聞くとピンとこない方も多いかもしれません。

      AカンテはBフォーム、Xフォームとならぶマイセンの高級ラインのとなっています。
      Bフォーム、Xフォームは陶器のフォルム(形状、モデル)と装飾パターンですが、
      Aカンテは職人の手書きによるデザイン模様のことです。

      よく見かけるのが、カップやソーサーなどの縁取りライン模様です。
      コバルトカラーの下地に金彩でアルファベットの「A」が連なったような文様となっている作品です。
      その文様が「A」に見えることからこの名がついたといわれています。
      この模様は画像ではよく確認できませんが、手書きで描かれているので描いた作者は、マイセンの歴史などで紹介されている
      マイスターによるものです。
      それほど、難しくテクニックが必要な柄なのです。
      双剣のマークの形で年代わかれば、だれが手描きで絵付けをしたかがわかります。
      マイセンを代表する「花」シリーズや「スキャッタードフラワー」などの縁取りに採用されています。
      この、縁取りが模様があるだけでマイセンの作風が可憐な品から高級感が溢れる品へ変わります。
      白地に金彩だけの縁取りデザインもありますがとても高級感が漂います。

      この細かな作業が全て手描きで、それがマイセンのマイスターによる作品と聞いただけで自ずと、高級品ラインに入ることが理解できます。
      マイセンの作品はそういう細部にまでこだわりを持った作品が多く存在しますのでそこを意識して見ると、作品の素晴らしささらに感じられるのです。


      弊社が取り扱うマイセンの商品について


      弊社で扱っているマイセンの食器は、全て現地(西洋、ヨーロッパ)で専門のスタッフが買い付けてくるスタイルをとっております。
      ですので、他社にはない仕入れルートで仕入れを行っておりますので、古マイセンと言われる、かなり古い作品でさえも仕入れることが出来ます。
      マイセンコレクターの方であればこの年代のこの作品が欲しいと言ったご要望があると思いますのでそういった商品が御座いましたらお気軽にご連絡ください。