マイセン Bフォーム

コレクション一覧
      商品一覧

      商品一覧


      マイセン Bフォームのモデル紹介

      1710年にヨーロッパ初の本格的磁器がマイセンで誕生しました。


      それから300年以上の歴史がある中マイセンは現在もヨーロッパの白磁器の最高峰に君臨しています。


      そんなマイセンですが時代の流れとともに様々な作風が生まれています。


      特に、時代背景がわかりやすい作品が実用性の兼ね備えたティーカップ&ソーサー(ティーセット)です。


      そこで、今回はマイセンカップ&ソーサーの「Bフォーム」について説明させていただきます。

      「Bフォーム」は1855年パリ万博の出品の際に、アーネスト・ロートリッツがデザインを手がけ発表されたモデルです。


      1855年から1890年代にこの作品は「Bフォーム」と呼ばれるようになりました。


      マイセンのティーカップ&ソーサーの中でも高級ラインとして豪華な装飾デザインが特徴的です。


      ティーカップの形状はチューリップの花が少し開いたような形でカップ、ソーサーなどは花びらのような縁取りの形をしています。


      デザインパターンは3種類ありますが、1827年に、グランツゴールドという金彩がマイセンで開発されて以降、多くの作品に金彩が施されるようになりました。


      パターンと絵付けは絵付師によって決まるためデザインには、アールデコ調を彷彿させるゴージャスな金彩装飾が施されている作品などの色彩と金装飾はその絵付師によって違います。(色付け、小窓の白地に小花の様々なパターン)
      その色彩も下地が ・コバルト ・ターコイズ ・黄色 ・グリーン ・ライムグリーン ・レッド ・ピンク ・ホワイト などの色がありまり、 作品や金彩の施しが多いものから少ないものがあります。 シンプルといってもかなりの高級感があります。


      Bフォームはその豪華な装飾デザインから高級ラインとなっておりますが、大変人気のある作品となっています。


      Bフォームのパターンを見てみよう

      Bフォームと言えど、いろんなパターンがありますのでそれぞれの違いを解説して参ります。

      まず、Bフォームには小華があるかないかで分かれます。

       

      Bフォームの小華があるかないかの確認

      小華があるものとないものを下記の画像で比較してみましょう。

      左側が小華ありで、右側が小華なしです。

      マイセンBフォーム 小華ありマイセン Bフォーム小華なし

       こちらは好みの問題になってくるのですが、もちろん小華が描かれている方が値段が高くなります。

      弊社の感覚ですと、女性の方は小華を好まれ、男性の方は小華なしを好まれる傾向がありますね。

      マイセン Bフォームの最上級グレード グランツゴールドと小華

      次に見るべきポイントは、金彩の入り方になります。

      マイセン Bフォームの最上級グレード グランツゴールドと小華

      グランツゴールドとは、金が作品全体に入ってるモデルのことを言います。

      下記の画像のように、模様の部分には全て金で埋め尽くされています。

      マイセンBフォーム グランツゴールド

       金彩が縁だけのモデルを見てみましょう。

      マイセンBフォーム 金彩が中抜きされたモデル
      グランツゴールドと比較すると、金彩が中抜きされてるのが分かると思います。
      もちろん、グランツゴールドの方が高価になります。



      飾り皿のパターンを見てみよう

      Bフォームには、飾り皿も存在します。非常に高級感があり美しいものがたくさんありますので、こちらでは一部だけご紹介しますね。

      マイセン Bフォームの飾り皿 青マイセンBフォームの飾り皿 赤
      それぞれサイズが28cm程度あり、グランツゴールドの装飾を施されていることから、非常に華やかな空間の演出をしてくれる作品になります。

      ビスケットジャーもあるんです

      マイセン Bフォーム ビスケットジャー1
      マイセン Bフォーム ビスケットジャー2
      こちら2つとも、パッと見た感じシュガーポットのように見えるかもしれませんが、全くそんなことはなくビスケットジャーになります。
      画像からでは分かりにくいかもしれませんが、サイズは上のもので22cm下のもので17cmありますので、シュガーポットよりかなり大きいのが分かって頂けると思います。
      このジャーの中に何を入れるかは、お客様次第ではありますがこのようなBフォームのジャーをテーブルの上に置いておくだけでもテーブル上が華やぎますよね。

      弊社が取り扱うマイセンの商品について


      弊社で扱っているマイセンの食器は、全て現地(西洋、ヨーロッパ)で専門のスタッフが買い付けてくるスタイルをとっております。
      ですので、他社にはない仕入れルートで仕入れを行っておりますので、古マイセンと言われる、かなり古い作品でさえも仕入れることが出来ます。
      マイセンコレクターの方であればこの年代のこの作品が欲しいと言ったご要望があると思いますのでそういった商品が御座いましたらお気軽にご連絡ください。