マイセン MEISSEN人形 フィギュア(フィギュリン)

コレクション一覧
      商品一覧

      商品一覧


      マイセンの人形とケンドラー

      硬質陶磁器の焼成にヨーロッパではじめて成功したのが、マイセン窯です。

      マイセン窯は、輝かしい伝説を打ち立てた名窯でもあるのです。

      この素晴らしい偉業は1709年になされました。
       

      その当時のザクセン王国の国王であったアウグスト「強王」は中国や日本の磁器コレクターとして知られていました。
       

      そんなアウグスト「強王」のいる王都ドレスデンで達成されたのです。

      そして、この偉業の功労者はまだ年若い青年錬金術師であったベットガーだったのです。

      ベッドガーはまず、朱泥手の炻器を焼成しました。
       

      次に焼成に取り掛かったのは、中国にある白磁に似た磁器でした。これに成功したのは朱泥手の炻器の焼成に成功した欲としのことです。

      1710年になると、アウグスト王はマイセンにあるアッブレヒツブルク城内に王立の磁器製作所を開いたのです。
       

      王立の磁器製作所が設立されたのは、これがヨーロッパで最初のことでした。

      このときから、磁器の生産に本格的に着手するようになるのです。

      1731年には宮廷彫刻家でもあったケンドラーが王命によって、王立マイセン窯に迎えられます。
       

      当初彼は、「日本宮」のために磁器の大彫刻の制作を彼の先輩であるキルヒナーのもとで、手伝っていました。

      しかし、彼は初めから先輩であるキルヒナーの技術を上回るものを発揮していたのです。

      そのため、キルヒナーが工房から離れたあとは、ケンドラーがマイセン工房の主席彫刻家となりました。
       

      主席彫刻家となったキルヒナーは、王の好みである動物や鳥などの大彫象を次々に作っていったのです。

      作られた大彫像は、熊、山羊、サイ、孔雀、ペリカン、七面鳥などがあります。

      ケンドラーは「磁器で作れないものはない。もしそれが大きすぎるならふたつに分ければよい」とその頃、豪語していたのです。

      東洋の磁器を熱狂的に愛したアウグスト「強王」は、1733年に波乱続きだったその生涯を閉じます。
       

      アウグスト「強王」が亡くなった直後、ケンドラーはそれまで大彫刻ばかりを作っていたにも関わらず、それらをすべて捨て、仔犬や小鳥、猿というように小さな彫像を作るようになったのです。

      この頃にケンドラーが作った作品の中でも、もっとも有名な彩色の小彫像があります。
       

      それは1741年以降のイタリア喜劇役者などをはじめとする、一連の彩色の小彫像です。

      仮面をつけて派手な衣装を身にまとった、アルルカンや、キャップテンといった喜劇役者、やくざ者、クリノリンと呼ばれる広いスカートを履いている婦人、キスを交わす恋人たちを少し大げさにした姿で表現されています。

      ケンドラーが表現した彼らは、市井の市民たちの姿ではありません。

      すべてオペラや恋愛喜劇の役者たちです。
       

      ケンドラーは、そんな役者たちのユーモアや悲しみなどの気持ちを皮肉を含めて、こういった像を制作したと言われています。
       

      ケンドラーの作品の中には、なんと54年もの長い期間を経て作られ続けたシリーズがあります。

      それがかの有名な「猿のオーケストラ」です。

      これは1753年から制作がはじまりました。

      制作のヒントとなったのは、フランスの画家であるクリストフ・ユーエが素描した同名の作品です。
       

      新王であるアウグストⅢ世やブリュール伯といった、オペラを好む有閑階級の人たちを、オペラ嫌いであるケンドラーが風刺した作品であると伝えられています。

      しかし、これが逆に人気を博してしまします。
       

      そののち、マイセンはもちろんのこと、他にもウィーン窯やイギリスのチェルシー、ダービー窯といったところでも、これを真似た作品が作られたのです。

      「マイセン人形」と呼ばれる名前で知られている、ケンドラーの彩色人形、動物の小彫像は、それから後も作られ続け、宮廷の男女や古典神話、軍人、子ども、百姓というように数百点もの数に上るものが作られているのです。
       

      もちろん、これらの作品はケンドラー一人だけの手で作られたわけではありません。

      彼が抱える技術力が確かな多くの弟子や助手の力に負うところが多いのです。

      そんな弟子の中でも、エーベルライン、ライニッケといった人たちは当初からの弟子でした。

      さらに、メイエールやエーデルなども有名な弟子たちの一人です。
       

      そして1764年には、また新しい人物がマイセンに招かれます。

      それがフランスの彫刻家であるアシエです。

      彼はケンドラーの後継者と考えられていました。
       

      そしてその意思を継いで、寓意を表す美しい婦人や愛らしい天使などを作り上げたのです。

      新古典主義様式をフランス・ロココよりマイセンに導入したのも、彼であると知られています。

      しかし、1781年。

      アシエはマイセンを去ります。
       

      ドレスデンのアカデミーの主席彫刻家となったのです。

      彼の影響を受けた彫刻家は多く生まれました。

      それは、白磁の「ゲーテ像」を制作したラウフ。
       

      美しい「三美神像」を作成したユッフツェルというような、マイセン窯の古典様式を代表する作家たちです。

       

      19世紀以降のマイセン窯

      ヨーロッパの時代の風潮が変わっていったのは、18世紀の後半頃からでした。

      それまで、絶対王政だったものに変わって貴婦人たちの典雅なロココ趣味へと変わっていったのです。

      この時代様式は、フランスの宮廷を中心として広く浸透していきました。

      一部の地域だけではなく、ヨーロッパ全土にまで広がっていったのです。

      その中でも、もっともこの時代様式に影響を受けたと言われるのが、ケンドラーのマイセン人形でした。
       

      しかし1756年からは、ドイツで七年戦争が勃発してしまいます。

      ザクセンはプロイセンのフリードリッヒ大王との戦いに負けてしまいます。

      そのことにより、工場は閉鎖され占拠てしまいました。

      さらに、メイエールなどの優秀な職人たちはベルリンまで連行されていまいます。

      1763年にブリュール伯が亡くなってからのマイセン窯を受け継いだ、宮廷顧問官でもあったマルコリーニ伯がその経営を担います。
       

      彼はマイセン窯の発展に尽力しますが、彼がマイセン窯を引き継いだこの時代は、近代へとヨーロッパが大きく動き始めていた時代でもあったのです。

      1750年代に入ると、ドイツのあちこちで磁器釜が作られ、マイセン窯はほかの国の磁器窯たちと激しい競争をしなくてはいけなくなってしまいました。

      さらに、1813年になるとナポレオンの軍隊がアルブレヒツブルク城を占拠してしまいます。

      このような出来事により、工場を取り巻く状況は悪化の一途を辿ってしまうのです。
       

      そして1810年に、マルコリーニ伯はとうとう辞任せざるを得なくなってしまいました。

      マルコリーニ伯の後、マイセン窯の発展のために尽力したのは科学者でもあったキューンでした。

      キューンは自らの持つ科学的知識から、工場設備の改良に乗り出していきます。
       

      まず、工場を現在のトリーピュシタールへと移転をさせます。

      次に蒸気機関を設置するのです。
       

      さらに、さまざまな技術改革を推し進めながら往年の名品の復活をおこないました。

      それだけではなく、シャンデリアや置時計、燭台といった商品の生産を意欲的に行いました。

      このようにキューンはマイセンの発展に全力を傾けていったのです。
       

      ヨーロッパは、自然科学が発達することで19世紀末から20世紀初頭にかけて、人々の生活は徐々に向上していきました。
       

      新しく台頭してきた中流階級の人々ですら、マイセン磁器の食器や、往年の小彫像などのコピーを買い求めていったのです。
       

      ちょうどその頃、まったく新しい様式が流行し始めたのです。

      それまでの伝統的な様式とは違うそれは、フランスでいうところの「アール・ヌーヴォー」。

      ドイツでいうのであれば「ユーゲント・シュティール」と呼ばれる美術様式でした。

       

      その時期にマイセン窯で活躍した作家を挙げるのであれば、欠かせないのがやはりショイリッヒ教授ではないでしょうか。

      ショイリッヒ教授はマイセン窯との間に自由契約を結んでいる作家です。

       

      しかし、それにも関わらずマイセン窯のために100点を超える数の作品を、制作していました。

      その技術力の高さもあり、ケンドラー以来のもっとも優れた作家の一人として数えられているのです。

       

      ショイリッヒ教授の作品では、「酔っぱらい」「踊る男女」「アマゾンとキューピット像」といったものが知られています。

      この頃、色絵像型燭台の作家であるエッセル教授やバルラッハの活躍も忘れてはいけません。
       

      特にバルラッハは、ベットガー炻器を再現することで、新しい炻器を表現したのです。

      その後は、国家的にも第一次世界大変や第二次世界大戦などで、大変不遇な時代を送ることになりました。

       

      しかし、マイセン窯は磁器制作250年を記念して、「芸術創造のための集団」を1960年に結成します。

      これにより、彫刻家や、シュトラング、L・ツェプナー。

       

      陶芸家H・ヴェルナーなどにより、これまでになかったまったく新しく、独創的で自由な作品が数多く生み出されていったのです。

      その中でも圧倒的に人気だったのが「千夜一夜物語」です。

      これはツェプナー原型で、ヴェルナーが絵付けをしたもので、異国情緒溢れるユニークなデザインと絵付によって大変な人気となったのです。

       

      この2人はほかの作品でも合作をしています。

      それが「オベロン像」、真夏の夜の夢の「ティタニアとツェツトル」、他にも「狩猟図」のディナーセットなどこれら2人の合作は、常に人々の話題に上り、感動と注目を集めました。

      このオベロン像とティタニアの偶像は双方ともに、テーガルの置物として作られました。

       

      これだけではなく、最初からの会員でもあったシュトラングは「花嫁と花婿」のいる時計、花瓶の中から顔を出している女の子の像などは、あどけない人たちの普段のままの姿の形を表現した傑作ではないでしょうか。

      彼らこそ、ケンドラーが生み出した彩色の小彫像を伝統的に今に伝えるもっとも優れた作家であったと言えるのではないでしょうか。

       

      マイセン人形「双剣の窯印」本物の見分け方

        誰もが一度は耳にしたことのある「マイセン」はドイツの マイセン地方で生産される磁器で西洋の 白磁の最高峰に君臨する名窯として、 300年以上の歴史をもち現在に至るまで長く引き継がれています。
      マイセン人形 山羊に乗った仕立屋
       「山羊に乗った仕立屋」:色絵置物(原型製作1737年:ケンドラー作)  

      ご覧いただいた人形の置物は、ブリュール伯爵の注文を受け<制作された原型モデルに絵1付けされた作品です。

      作品を一目見るだけで、マイセン陶磁の造形技術の高さが窺がえます。   山羊の毛並み、人物の洋服の装飾、手先まで精巧に制作されて、   そこに、巧みな絵付けにより、躍動感の溢れる素晴らしい   芸術品が生み出されています。

      西洋の白磁の最高峰に君臨するのも納得の作品です。

      このように、マイセンの人形はその芸術性から世界中に多くのコレクターがいて、その人々からは長年愛され続けています。

      画像からでも伝わる人形の躍動感や美しさに触れてみたいと思った方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

      マイセンの人形には特別な魅力を感じ憧れを抱く方が多いのです。

      しかし、その特別な人気に伴いマイセンの模倣品の歴史も290年以上と言われています。

      さらに、偽物でありながらも長きにわたる歴史から精巧に仕上げられた品も多数あります。


      それを間違って模倣品を購入してしまったりすることも   多いのです。


      マイセンは高価な品ですし、そんな経験は絶対に避けたいところです。
      そこで、今回はマイセンの人形の偽物を見分けるポイントを紹介していきます。
       

      マイセンのシンボル「双剣の窯印」の有無を確認

      歴代マイセンのサイン一覧


      ・青い双剣の窯印
      マイセンのシンボルマークとも言える青い双剣の窯印は1723年から使われるようになります。

      そして、窯印は300年以上続く歴史で多様な変形をしています。  

      ですから、窯印で「マイセンの人形の年代」がわかるのです。

      作られた年代がわかるということは偽物を見分ける重要な   ポイントの一つなのです。

       

      マイセン人形の窯印(青い双剣)の表記

        マイセンの双剣の窯印は、ほとんど本体の土台裏に表記されてい   ますが土台の後ろ側に窯印が表記されている品もあります。

      人形を傷つけないよう慎重に扱いながら、土台の裏、側面に窯印があるか確認してみます。       

      こちらは人形の土台の裏側に窯印があります。

      1820年以降に制作された人形と確認できます。

      左側に数字刻印がありますが、この数字は後記で紹介していきます。

       

      双剣の窯印を確認しても油断禁物

      双剣の窯印の確認ができたから本物のマイセンだというわけでは ありません。

      模倣品にはやはり偽窯印がつきものです。

      この偽窯印があると「本物」と疑いをもたず信じてしまうのです。  


      偽窯印は知識があれば簡単に見分けができますので、ここからは、本物の窯印と偽窯印の見分け方について紹介して行きたいと思います。

      まず、窯印に釉掛けされてるかどうかを確認します。


      マイセンは陶器に窯印を表記して釉薬を釉掛けして   仕上げています。

      つまり、釉薬の下に青い双剣の窯印が描かれてるのです。

      そのため、本物のマイセンの窯印にはつやつやとした光沢があります。
      光沢があるのがわかるマイセンのマーク



      偽窯印は、陶器の表面に釉掛けて仕上がった人形の上に双剣のマークを書き足すため光沢がなくマットな窯印になります。

      そもそも、この偽窯印はデザインも違います。


        マイセンの双剣(窯印)と線状のカットは[要注意]   
      人形の造形はマイセンで焼かれたものですが転売により、別の窯で絵付けがなされた人形があります。

      マイセンの人形は絵付けまでして仕上がった作品がマイセンの正規品となっていますので、それを区別するために、別の窯で絵付けがされた作品には 双剣の窯印には一本の線状カットが入っています。
        横1本のカット(1764年〜1938年)
      マイセン人形の正規品と区別するために付けられたこのカットは、双剣の窯印と同様、年代によりカットの仕方も変化しています。  


      1764年か~1938年までは双剣のマークにチェックするような横線1本のカットが入り、1938年以降には双剣のマークを避けて右側に縦線1本の カットが入っています。

      このような人形は正規品ではないため、アンティーク業界ではマイセン人形と呼ばれませんので注意が必要です。

       

      本物でも価値が下がるマイセン人形

        前記で説明しましたが、マイセンの双剣マークにある線のカットで、横線二本以上のカットや右側に縦線二本以上のカットが入ったものがあります。   
          
      ※前記のマークの画像を参照。  

      このカットは、正真正銘の本物のマイセンの人形にも入っています。

      しかし、ヨーロッパの白磁器の最高峰に君臨するマイセンは、伝統的な手作業で職人の匠の技によって生み出されます。

      その誇りを守るため妥協は許されないのです。

      ですから、制作された作品で完璧に仕上がったAランク品とそれ以外の品を区別しているのです。

      そのため、双剣のマークに2本のカットが入っているものは、Bランク品として選別された品です。

      線のカットの数が多いほど、出来が悪い作品となっています。

      マイセン人形で間違いはありませんが、やはりランクが下がると   商品価値が下がってしまいます。

      マイセンのスクラッチ 2級品


      Bランクのマイセン人形の双剣


      1980年より前は横線のカット、それ以降は右側に 縦線のカットが入っています。  
       

      モデル番号の刻印について



      1950年以前のモデル番号

      ここまで、マイセンの双剣の窯印についてお伝えしてきましたが、   次に双剣と共に確認していただきたいのが、刻まれた数字です。

      大体において、窯印と同じ人形の土台の裏底に刻まれています。

      この数は人形のモデル番号で新たなマイセンオリジナルの人形がデザインされた時に割り当てられるものです。

      モデル番号は1~4桁の数字または、アルファベット一文字と1~4桁の数字を組み合わせがあります。


      この刻印も年代によって、方法に違いがあります。

      1950年より前は手作業でモデル番号が刻まれていましたが、それ以降は、機械による型押しで刻印されています。

      このことを知ると、マイセンの本物と偽物の見分け方がさらに広がります。

      たとえば、1950年以前の窯印が表記されているのに、モデル番号が機械で刻印されていたり、それとは逆に1950年以降の窯印なのに手書きのモデル番号が刻まれていたら、それは偽物と判断できます。 

       

      モデルの刻印からカタログを活用して確認

      モデルの刻印と双剣の窯印から年代がわかりましたら   次に確認したいのが、その刻印された数字とマイセン人形が同じものであるかの確認です。

      1910年より前のマイセン人形は市販されているカタログで刻印番号と人形のデザインを照らし合わすことで確認ができます。

      (カタログ名) ・Meissen Collector’s Catalogue

      マイセン コレクターズカタログの表紙

      こちらはマイセンコレクターズカタログの表紙になります。
      マイセンコレクターズカタログの見開きページ

      マイセンコレクターズカタログの見開きページ

      上記はマイセンコレクターズカタログの見開きの画像になります。
      ※私はいつもこれを確認してから商品を剪定してます。

      そして、新たな1910年以降のマイセン人形には5桁の数字が刻印されています。

      こちらは上記で紹介したカタログには刻印番号が記載されていませんので、その様な時は人形の原型を調べることで確認することができます。

      また、マイセンに関する本などは図書館などでも探すことができますし、最近ではインターネットで検索することで確認ができますのでそこから調べるのもいいですよね。  

       

      刻み忘れがあることも

       モデルの刻印が無くても本物が存在します。

      一言でいうと、「うっかりミス」です。   これは、一つ一つ手作業で行われていた時代にマイセンの職人が刻印を入れ忘れてしまったものです。

      また、特注品や生産が少ない作品はカタログに掲載されていませんので、専門の鑑定が必要です。

      本物であればかなりの高価な美術品としての価値がありますが、慎重に考える必要があります。  
       

      空気穴を確認できたら要注意

      マイセンの底面 空気穴
        

      陶器製の人形は粘土を形成させて乾燥させるときに、約一割以上収縮します。

      その際に、空気の圧力によって薄いところが割れてしまいます。

      それを避けるために空気の逃げ道として穴が開けられているのです。


      マイセンも同様、人形には穴が開けられ焼かれています。

      しかし、マイセンの人形は巧みな職人の技によって穴が見えないように仕上がっています。

      この画像で確認できるような穴は開いていません。

      偽物はこのように穴があって当たり前のように隠すことなく存在したり、雑に穴がふさがっていますので一目で空気穴だとわかる商品であれば注意が必要です。

      模倣品の可能性が高くなります。    

      本物のマイセン人形より一回り小さい作品

       マイセンの模倣品を制作するのにてっとり早く本物そっくりに仕上がる方法は、本物のマイセン人形を型として利用する方法です。

      そして、この方法は実際によく使われています。

      確かに、本物のマイセン型を用いれば正確にコピーできますが、出来上がった作品は本物よりも16%ほど小さいサイズに仕上がってしまうという大きな欠点があります。

      もちろん、その分重さも軽くなります。

      ですが、実際のマイセン人形のサイズを知らない方は戸惑ってしまうのも事実です。

      本物のマイセン人形は同じサイズ、重さとなっていますので、   まずはサイズ確認をカタログなどでするのがお勧めです。

      マイセンの白は青みがかり

       マイセンの白磁器といえば、真っ白というよりやや青みがかった白です。

      この色を頼りに経験を積んだコレクターやディーラーが真贋の鑑定をしています。

      白でも暖色系の色味がかかっていたら要注意です。  

      絵付けにも注目すべき点


      「アンティークのマイセン人形」

      ・瞳の色

      アンティークのマイセン人形の絵付けの特徴のひとつは瞳です。

      1700年代のブラウンアイズを持った人々をモデルにしているため、多くの人形の瞳は茶色となっています。  


      もちろん、青い瞳を持つマイセン人形もありますが、茶色の瞳を持つマイセン人形より絵付けされている数が少ないため希少な品となります。

      ・髪の毛や肌の色
      マイセン人形は時代とともに髪の毛の絵付けの描き方や肌色の色彩方法も変化しています。

      18世紀ごろマイセン人形は、肌の色素は薄く、髪の毛も精巧に1本1本描かれています。

      しかし、19世紀になると、人間の素肌の血色を全体的に   表現することで、より生身の人間を思わせる人形になります。

      そして、1本1本描かれていた髪の毛のラインをなくします。

      また、現代のマイセン人形は、頬や手先の部分にのみ   肌色で絵付けをされています。    


      「現代のマイセン人形」  

      絵付けの流行も年代とともに変化しています。

      人間が流行のメイクと髪型をするのと同じで、また人形の髪型やメイクにも流行があります。
      双剣窯印や刻印番号で年代の相違を   確認すると同時に当時の流行がわかります。  

      見た目で違和感を抱いたら要注意

        何度もお伝えしましたがマイセンは西洋の白磁器の最高峰に君臨していますが、その300年近い長い歴史の中においてマイセンの人形は特に「重要なジャンル」といわれています。  

      それは、その長い歴史の中でマイセンの人形は初期から連綿と受け継がれてきたマイセンの宝だからです。  

      そのため、マイセンの人形には職人一人一人が人形のありとあらゆる部分においてこだわりと思いがつまっています。     

      その作品をみて、細部までこだわりが見受けられるか、手作業でこった絵付けが施されているか、表情が活きているかなど、マイセン人形の真贋の鑑定するために最も重要なことは人形とじっくり向き合うことでです。

      そこから、細かな部分を慎重に注意深く考察することです。

      本物の人形の表情には人間同様に感情が表現されています。

      その瞳の視線の先、場面にあった表情などは特に偽物を見極めるのに役立ちます。

      ここまでで紹介したとおり、マイセン人形の真贋を鑑定するにはいくつもの注意点があります。


      この記事で紹介した見分け方を参考に組み合わせてみてください。

        「もし本物かどうか疑いがあるときは、それは本物ではない」   という格言があるとおり一つでも疑わしい点があるようでしたら購入は避けるべきです。  

       

      弊社が取り扱うマイセンの商品について

      店頭に飾っているマイセン人形店頭に飾っているマイセン人形店頭に飾っているマイセン人形
      店頭に飾ってるマイセンの人形


      弊社で扱っているマイセンの食器は、現地(西洋、ヨーロッパ)で専門のスタッフが買い付けてくるスタイルをとっております。

      ですので、他社にはない仕入れルートで仕入れを行っておりますので、古マイセンと言われる、かなり古い作品でさえも仕入れることが出来ます。

      マイセンコレクターの方であればこの年代のこの作品が欲しいと言ったご要望があると思いますのでそういった商品が御座いましたらお気軽にご連絡ください。


      店頭に商品は展示してますので、気になる方はお気軽にお越し下さい。

      専門的な知識を持った、店長と私がご対応させていただきます。