Christofle Gallia Sandoz Signed Rare Silver Knife Rests
Christofle Gallia Sandoz Signed Rare Silver Knife Rests
Christofle Gallia Sandoz Signed Rare Silver Knife Rests
Christofle Gallia Sandoz Signed Rare Silver Knife Rests
Christofle Gallia Sandoz Signed Rare Silver Knife Rests
Christofle Gallia Sandoz Signed Rare Silver Knife Rests
Christofle Gallia Sandoz Signed Rare Silver Knife Rests
Christofle Gallia Sandoz Signed Rare Silver Knife Rests

クリストフル ギャレア  サンドス 銀製ナイフレスト

通常価格 ¥340,000 セールプライス ¥261,000 定価から¥79,000円引き
/
税込価格です。 5万円以上は送料無料。それ以外の場合は送料は着払いになります。

希少価値の高い、8種類の動物型 (ハト、クマ、ライオン、ブタ、グレイハウンド、チョウザメ、白鳥、ペリカン)の銀製ナイフレストです。

当時のアールデコを象徴する幾何学的なスタイルで仕上げられています。
各々に「O.GALLIA」の紋章が刻まれており、シルバープレート製のクリストフルの作品です。

1920-1930の頃、当時、大西洋を航行するフランス系クルーズ会社は、船内やホテルのレストランで使用する装飾品のデザイン、制作をクリストフルに注文する際には、彫刻家エドゥアール・マルセル・サンドスを指名していました。

アールデコを代表する素晴らしい作品です。こちらのナイフレストは、1933年、伝説のクルーズ船、ノルマンディーオーシャンライナー号のファーストクラスのダイニングテーブル用に作られたものです。

エドゥアール・マルセル・サンドス (1881年~1971年)
デザイナー、彫刻家、彫金師、磁器デザイナー

フランソワ・ポンポンやレンブラント・ブガッティと並んで、20世紀の動物彫刻の最高峰と称賛されるサンドスの彫刻には独特な生き生きとした個性がみなぎっています。

クリストフル・ギャレア
19世紀におけるフランスの銀細工に最も大きな影響をもたらしたクリストフル工房は、数々の品評会においても群を抜いており、まさに、一つの大きな時代を作ったといえるでしょう。

1846年、クリストフルはオルレアン家ご用達となりました。また、1851年には、ロンドンで開かれた第一回万国博覧会で受賞しました。
1855年、チャールズ・クリストフルは、ナポレオン3世により、宮廷用達に指名されました。
今日でも、宮殿をはじめ、シベリア鉄道、オリエントエクスプレス、クルーズ船や最高級レストランなど、様々な場面で、クリストフル製の銀製品は世界中の皇室、王室のおもてなしの際のテーブルセッティングに選ばれる逸品として名を馳せています。

サイズ:
チョウザメ    11 cm
白鳥       9.8 cm 
ライオン     8.3 cm
ブタ        9 cm
グレイハウンド  9.2 cm
クマ        8 cm
ハト        8 cm
ペリカン      10 cm

重さ :440g

公式LINE登録者限定😄

友達登録する!

電話で問い合わせ

お問い合わせはこちらから

メールで問い合わせ

お問い合わせはこちらから

アンティークテーブルウェアチャンネル

詳しくみる

ご購入のメリット

ご注文から発送まで

新着商品はこちらから

こちらでは新着商品を随時更新しております

こちらをクリック